阪神 ようやく2勝目も不安視される矢野監督の「あの問題」とは

タグ: , , 2022/4/16

 このまま浮上できるか。阪神が待望の2勝目をようやく手にした。開幕後1勝しかできずに迎えた15日の巨人戦(甲子園)を4ー1と勝利。引き分けを挟んだ連敗は6でストップ。8試合ぶりの勝利で、甲子園を埋め尽くした虎ファンも喜びの声をあげた。

・今すぐ読みたい→
気になる大谷の判定不満ジェスチャー・・・敵に回すと恐ろしいメジャー審判の「報復」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/shoheiotani-1-2-homer/



 快勝劇の主役となったのは先発の青柳だ。新型コロナウイルスの陽性反応を受け、出遅れていた昨年の最多勝右腕は持ち味の打たせて取るピッチングで走者を出しながらも3併殺を記録するなど、粘り強く投げた。失点は初回の坂本の適時打による1点のみ。初回にいきなり点を取られたことで嫌なムードも漂ったが、その後は丁寧に投げ、8回7安打1失点。制球力抜群のこれぞエースという投球で勝利を引き寄せた。

 打の主役は2試合連続で2番に入った佐藤輝だ。1点を追う5回二死二塁の場面、先発・菅野のスライダーを捉えると弾丸ライナーで右翼席に放り込んだ。待望の4号逆転2ランで流れを変えると、8回にはロハスの2号2ランも飛び出し、巨人を突き放した。試合前には矢野監督が声出し役を務めるなど、まさにチーム一丸となってもぎ取った勝利。矢野監督も「やっぱりテルが打つと変わる、そういうムードを持った選手」と殊勲打をマークした若き主砲をたたえた。





 投打がかみ合っての快勝劇となったが、注目を集めたのは試合後のワンシーンにもあった。テレビ中継で監督インタビューを行っている最中に、矢野監督が親交のある文字職人の色紙を唐突に紹介する場面があった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧