岩村明憲氏が語る、大谷翔平「勝ちたい」発言の真意「やきもきした部分があるのも正直なところ。でも・・・」

タグ: , , , 2021/10/8

 エンゼルス・大谷翔平投手(27)のメジャー4年目シーズンが終了した。

過去3年間、度重なる怪我の影響でシーズン通して二刀流としての結果を残せずにいたが、今季は投打にわたり完全復活。

投手として23試合に登板し、9勝2敗、防御率3.18。打者としては155試合に出場し、打率.257、46本塁打100打点、26盗塁をマーク。さらにはメジャーリーグ史上初となる「Quintuple100」(100打点、100安打、100得点、100投球回、100奪三振)という偉業を達成。シーズン162試合中休養として欠場した試合は、わずか4試合のみと、フル回転で駆け抜けた。

【動画】最終戦を46号ホームランで締めた大谷
・今すぐ読みたい→
本塁打王を逃した大谷、後半戦失速の要因を元メジャーリーガーが語る https://cocokara-next.com/athlete_celeb/akinoriiwamura-analyse-shoheiotani-02/



 
 そんな、今季は大谷の凄まじい活躍があった一方で、チームはトラウトら主力の離脱も多く、6年連続でプレーオフ進出を逃した。シーズン終盤に行われた会見では、チーム残留に際した「勝ちたい」という大谷の発言が波紋を呼んだ。これまであまり多くを語ってこなかった大谷だけに、プレーオフ進出を逃したことによる「フラストレーションが溜まっている」といった発言への注目度は高い。

これに関して、メジャーリーグでのプレー経験からその空気感を知っている岩村氏は、

「『勝ちたい』という気持ちがあることは普通なこと。ただ、やきもきした部分があるのも正直なところだと思います。(勝負を避けるような)四球のことで、多々取り上げられることはありますが、その中でも大谷本人は、セーフティーバントを試みたりしている。
なぜこれだけ打てるバッターが、セーフティーバントをするのか。それは『勝ちたい』からな訳なんですよね。
あの発言に、本人の悪気はないと思います。ただ勝ちたいだけ、エンゼルスでも勝ちたいという気持ちがあると思っています」

と、大谷の気持ちを代弁。





「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 浅倉カンナ×並木月海オンライントークショー開催! RIZIN.31参戦後の浅倉カンナ選手や東京五輪銅メダリストの並木月海選手にオンラインで会える! イベント中はZOOMのチャット機能でいつでも質問できるのでより選手を身近に感じられます!

東京五輪女子ボクシング銅メダリスト並木月海選手と総合格闘家の浅倉カンナによる「最強ガールズ」オンライントークイベントをCoCoKARAnextで開催! ここでしか聞けない東京五輪の裏話やRIZINでの結果はもちろん 普段のインタビューでは聞けないプライベートなことまで! ZOOMのチャット機能でイベント中はいつでも質問可能! 司会者の方が代わりに質問してくれるのでより選手を身近に感じられます!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧