エース候補か客寄せパンダか 「投手転向」中日・根尾昂の未来予想図

タグ: , , 2022/7/1

 最下位のチームでありながら、活力あふれる話題で沸き立っています。

【関連記事】巨人・岡本和真、このままでは今季「無冠」に 最大の敵は味方の投手陣だった!?

 根尾昂の投手転向に沸く中日ドラゴンズです。根尾は大阪桐蔭では投手、遊撃手として2017年選抜、さらには2018年甲子園の春夏連覇に貢献し、同年秋のドラフトでは中日、日本ハム、巨人、ヤクルトと4球団が1位で競合の末、中日に入団。「ショート一本で勝負したい」という本人の意向から、ここまで打者でプレーしてきましたが、活躍にはほど遠い状況でした。

 そして今季から指揮を執る立浪監督のもと、まさかの投手転向。しかし、それが単なる話題作りではないと野球ファンが実感したのが、6月19日、本拠地バンテリンドームで行われた巨人戦でのリリーフ登板です。

 根尾は最速150キロをマークし、切れ味鋭いスライダーも武器に敵の主砲・岡本和真を三振に仕留めて、その潜在能力をアピールしました。





 中日担当記者が言います。

 「間違いなくこの10年でナゴヤドームが最も沸いた瞬間だったでしょう。根尾は高校こそ大阪ですが、岐阜の出身なので、隣県の愛知の人々には『ウチの子』という意識が強い。『中日スポーツ』の紙面も最下位球団とは思えないほど活気づいている。立浪マジック、大成功じゃないでしょうかね」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧