「エンゼルスは呪われている」大谷翔平の3試合連続安打も実らず…チーム史上ワーストの12連敗に現地記者が嘆き

タグ: , , 2022/6/7

この日も大谷に一発は生まれず。チームも泥沼の12連敗を喫した。(C)Getty Images

 現地時間6月6日、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平は、ホームのエンゼルススタジアムで行われたボストン・レッドソックス戦に「2番・DH」で出場。第1打席はライト前ヒット、第2打席はファーストライナー、第3打席は空振り三振、第4打席はセカンドゴロと、4打数1安打に終わった。試合は0-1でエンゼルスが敗れている。

【動画】大谷翔平のセカンドゴロでゲームセット…最終打席の映像をチェック

 昨日行われたフィリーズ戦では逆転サヨナラ負けを許し、6年ぶりの11連敗を喫してしまったエンゼルス。前日の試合で二塁打を放つなど、2試合連続安打をマークしていた大谷は、第1打席の6球目、低めのチェンジアップを片手で拾い上げる技アリのバッティングで、ライト前ヒットを記録した。

 その後、続くマイク・トラウトにもヒットが生まれチャンスを迎えたが、4番ジャレッド・ウォルシュのファーストライナー時に大谷の2塁ベースへの帰塁が間に合わないというらしくない走塁ミスで、ダブルプレーを与えてしまった。

 その後の第3打席には、2死二塁と一打逆転の場面で回ってくるも、高めの直球に空振り三振を喫した。さらにエンゼルスが0-1と一点ビハインドで迎えた最終回、大谷に二死で回り同点弾の期待が高まったが、初球の変化球をひっかけ、セカンドゴロに打ち取られ最後の打者となった。

 この日、エンゼルス打線は、レッドソックスのマイケル・ワカ投手の前に大谷のライト前ヒットを含む3安打のみと、完璧に抑えられた。大谷自身は3試合連続のヒットを放つなど、調子は悪くなさそうではあるものの、チームの勝利が遠すぎる。単一シーズンでの12連敗は、フランチャイズ史上ワーストとなり、不名誉な記録更新となってしまった。

 そんな絶不調のチーム状況に、『FOX SPORTS』アナリストのベン・バーランダー氏が「エンゼルスは呪われている」とツイートすれば、地元メディア『AngelsWin.com』も「今夜のエンゼルスに魔法はかからなかった」と、泣き顔の絵文字で連敗が止まらないことを嘆くツイートを投稿している。

 シーズン開幕からリーグ首位にいたはずが泥沼の12連敗。大谷はこの長いトンネルを抜け出したいチームの救世主に、明日こそはなれるのだろうか。





[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【関連記事】巨人・中田 突然の登録抹消の裏にささやかれる「あの致命的な理由」とは
【関連記事】「めっちゃ美人!」ザギトワが披露したベッドでの“水玉パジャマ姿”に絶賛の声!「パーフェクト」
【PHOTO】投打で躍動!MLB2022シーズンでさらなる高みを目指す大谷翔平を特集!

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧