ハム党・オリンピアンの田中雅美さん、「水泳が上手そうな野球選手は…」

タグ: , , 2019/7/11

 7月10日に放送された「BS12プロ野球中継2019」千葉ロッテマリーンズ VS北海道日本ハムファイターズ(○ロッテ5-0 日本ハム●)では、副音声のゲストにオリンピックメダリストでファイターズファンの田中雅美さんを招きビジター応援放送を行った。


北海道出身で、ファイターズのファームがある千葉・鎌ケ谷まで駆けつけることもあるという田中さん。野球と水泳の共通点を、「水泳も腕の長さではなく、関節の柔らかさが影響する。肩甲骨から動かせることによってワンストロークが大きく回る。メジャーで活躍している大谷投手も昔水泳をやっていたらしいですが、肩甲骨が柔らかい。あとは体幹がしっかりしているかによって、水の中で安定性が保てる。運動神経がいい人は指導者が言ったことを体現しやすいので、どんなスポーツでも上達が早い。西川遥輝選手とかも水泳や何をやらせても上手だと思う」と、スポーツコメンテーターとしての見解を語った。

また、オールスターゲームに出場する日本ハムの近藤健介選手に対して、「野球選手としては小柄なのにどうやって体を使ってパワーを生み出すのか気になる」と話し、「近藤選手はお尻のサイズがずっしりしている。野球選手のお尻の大きさは努力の形。水泳選手で言う肩幅。水泳選手の場合は幼い頃からやっているので、どうしても筋肉が付いて広くなっていく。私も現役の時よりは筋肉が落ちたけど、骨はそのまま。できれば削りたい」と、アスリートならではの悩みを吐露。

・合わせて読みたい→
名捕手・谷繁元信が注目する次世代のキャッチャーは?(https://cocokara-next.com/motivation/motonobutanishige-focus-on-catchers/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧