「平成の大エース」斉藤雅樹さんが語る、巨人に移籍した丸の意味

タグ: , , 2019/6/21

 巨人のエースとして、在籍19年で6度のリーグ制覇・3度の日本一に大きく貢献した「平成の大エース」斉藤雅樹さん。2019年シーズンは解説者として、さまざまなチームを見ている斉藤さんに、広島から巨人に移籍し、さまざまな影響を与える丸の存在について伺いました。


―ピッチャーからすると、丸はどのような存在ですか?

斉藤:打つのは凄い。でも、それだけでなく、2018年シーズンは130四球で、打たない時も塁に出てチームに貢献するという、とにかく嫌なバッターですよね(笑)。丸が普通の調子であれば、1試合1本は打たれる覚悟、全打席抑えるのは難しい。でも良い場面で打たれないようにすることが重要ですね。ミスショットが少なく、確実に当ててヒットにしてくる、ホームランもライト方向だけではなく逆方向もある。『アウトローに投げておけば一発はない』っていう、昔の常識は通じなくなってきていますね。

今は、1番・2番、2番・3番にしても、坂本と丸がセットなのがミソ。それが凄く効果を出していると思いますね。離れてしまうと、間の人がよっぽど頑張らなきゃいけない、そこで勝負になってしまうからね。

・合わせて読みたい→
元巨人・斉藤雅樹さん「当時、MLBからオファーがあったら?」の問いに…?伝説の決戦「10.8」登板の真実とは?(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/masakisaito-serialization-03/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧