『Be Aggressive #超攻撃型』を体現するオリックスの新1、2番コンビとは?

タグ: , , 2019/4/14

 オープン戦でパ・リーグ最多タイの19個もの盗塁を決めてきたオリックス・バファローズ。その原動力となっていたのが1番打者の福田周平(背番号4)、今季ら2番を任されている西浦颯大(背番号00)の快足コンビだ。

 共に50メートルを5.9秒で駆ける俊足で、西村徳文監督のもと、チームが掲げるスローガン『Be Aggressive #超攻撃型』を体現する、機動力野球のかなめとなっている。

(C)ORIX Buffaloes


 現在(4月12日時点)、ロッテ・中村奨吾の6盗塁に続く2位に福田(5盗塁)、4盗塁でソフトバンク・柳田悠岐らと同率3位に並ぶ西浦と、このペースで行けばリーグ盗塁王争いの一角に食い込むことは間違いない。

 『スモール・ベースボール』という概念において、出塁した走者を犠打や盗塁で確実に進塁させるのは必須。そこで当然ながら重要な要素となってくるのが足の速さだ。確実に1点を取ることを理想とするこの機動力野球のなかでは、1、2番の出塁は相手チームにとっても、最も警戒するべきところと言える。

 実際に『甲斐キャノン』で知られ、脅威の盗塁阻止率を誇るソフトバンクの甲斐拓也捕手も、4月2日にオリックスと対戦した際は「まずは1、2番を抑えることが大事」と警戒のコメントを残している。

・合わせて読みたい→
日本球界の新エース候補、大谷翔平が2017年に対戦した中で一番と言わせた投手は?(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/new-ace-candidate-of-japanese-baseball/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

総合格闘家・堀口恭司とのコラボレーショングッズ第1弾、WAYLLYは平らな壁ならどこでも”くっつく”次世代スマホケースです!「ナノサクション」という特殊技術を、採用しているので”くっつく”ことを実現可能にしているのです!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧