ビシェットら強打者が候補も…ドジャースにトレード補強は不要? 米解説が“静観”を支持「必死になる必要はない」

タグ: , , , 2024/6/24

強打の遊撃手でもあるビシェット。今夏のトレード市場での人気銘柄でもあるが……。(C)Getty Images

 主力に中長期での離脱者が相次いだドジャース。悲願のワールドシリーズ制覇に向け、彼らは今夏に重要な決断を迫られるかもしれない。

 オフに大型補強を敢行して迎えた今季のドジャースだが、現在の台所事情はかくも厳しい。現地時間6月16日には、不動の1番打者であり、精神的支柱でもあったムーキー・ベッツが死球により左手首を骨折。最低でも2か月の離脱は避けられない状況にある。

【動画】センターバックスリーンへの確信弾! ビシェットの圧巻打撃を見る





 さらに15日のロイヤルズ戦で緊急降板となった山本由伸も上腕三頭筋の張りが判明。前半戦での復帰は絶望的となっているほか、合計14選手が戦線を離れており、主力への負担は増えている。

 そうした中で浮上しているのが、トレードによる緊急補強の可能性だ。今季のデッドラインデーは現地7月30日午後6時となっており、今後の戦いに備えて模索する余地はある。実際、MLB公式サイトのマーク・フェインサンド記者は「ドジャースは買い手として動くと有力視されている」と指摘。ブルージェイズのボー・ビシェットやホワイトソックスのルイス・ロバートなど打線に厚みを持たせられる強打者の名をリストアップした。

 また、米球界の事情通もドジャースの補強動向には一石を投じる。米メディア『The Athletic』のアナリストで、元レッズのGMでもあったジム・ボウデン氏は「私はドジャースのことを知っているし、アンドリュー・フリードマン(ドジャースの編成本部長)のこともわかっている。だから、みんな、深呼吸してくれ。彼らは7月30日までに先発投手、リリーフ、そして外野手を獲得する。覚悟を決めておくといい」と持論を展開した。

関連記事

「アスリート/セレブ」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧