プロ野球の「キャンプMVP」「オープン戦男」はなぜ失速するのか

タグ: , , , 2021/3/4

 コロナ禍の中で行われた12球団のキャンプでしたが、クラスターが発生することなく、無事に終えられたことは安心材料でしょう。ここからはオープン戦を経て、3・26のセ・パ同時開幕へとプロ野球界は突き進んで行きます。

・今すぐ読みたい→
「異例」のトレードの狙いとは 阪神が巨人から山本泰寛を獲得 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/unusual-trade/



 キャンプ総括のニュースを見れば、各球団の監督が「キャンプのMVP」を挙げています。投手なら頻繁にブルペンに入り、必死に球数を投げてアピールした男。打者ならユニホームを真っ黒にして、大きな声を出しながら朝から晩までバットを振り込み、ノックの嵐に耐え抜いた男が選ばれがちでしょうか。

 1軍切符をかけたサバイバルの第一ラウンドで、まずは首脳陣にやる気を印象づけた。それはそれで尊いことですが、ベテランのスポーツ紙記者はこう語るのです。

 「キャンプMVPがシーズンで活躍することはなかなかありません。同様にオープン戦でフィーバーした選手がそのまま好成績を残すことも、ほぼないでしょう。そもそもキャンプやオープン戦でいくら頑張っても、年俸には一切反映されません。大事なのはペナントレースで数字を残せるか否か。たとえるなら、マラソンのスタート前のアップで全力ダッシュを繰り広げるようなものです」

 長いペナントレース。経験のある選手は開幕にピークが来るよう、キャンプやオープン戦ではアクセルとブレーキを交互に踏みながら、うまく調整していきます。





 しかし、若手やルーキーはこのへんのさじ加減が分からず、寒い時期に全力でアピールしてしまう。すると、どうなるか。生身の人間ですから、一部の頑健な選手を除き、けがを誘発してしまうことも多々ある。オープン戦では元気ハツラツだったのに、開幕後、パタリと勢いが止まってしまう選手は後を絶ちません。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる! 堀口恭司選手が実際にTシャツを着用しています。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧