5月のセ・リーグ投手月間MVPは?広島勢かノーヒッター戸郷か、それとも防御率0.62の右腕か

タグ: , , , , 2024/6/11

栗林は11試合に登板し9セーブ2ホールドを挙げた(C)産経新聞社

 プロ野球の5月度「大樹生命月間MVP賞」が11日に発表される。今回はセ・リーグ投手部門の有力候補を並べつつ、受賞選手を予想してみたい。

【関連記事】5月のセ・リーグ打者月間MVPは?好調・広島から「得点圏の鬼」が初受賞か





■有力候補の成績を並べて比較

 まずは、有力候補の成績を並べてみよう。

・髙橋宏斗(中日):4試合2勝0敗 防御率0.62
・床田寛樹(広島):4試合4勝0敗 防御率0.94
・戸郷翔征(巨人):5試合4勝1敗 防御率1.60
・島内颯太郎(広島):13試合(先発0)1勝1敗11ホールド 防御率0.73
・栗林良吏(広島):11試合(先発0)0勝0敗9セーブ2ホールド 防御率0.00

■驚異の「HQS率100%」

 先発投手からは3人を有力候補とした。

 中日の髙橋宏はリーグトップの月間防御率0.62を記録。4度の先発機会で全てQS(6回自責点3以下)、うち3度はHQS(7回自責点2以下)と抜群の内容を見せた。5月5日のヤクルト戦(神宮)では9回に自らの拙守で3失点を喫したものの、8回までは10奪三振無失点の快投。以降も週頭の火曜ローテで投げ続け、試合を作っている。

 広島の床田は月間4戦4勝、防御率0点台と文句のない数字。全ての登板機会で7回以上を投げ、自責点は1以下。QS率だけでなくHQS率も「100%」と内容も申し分ない。床田といえば、村上頌樹(阪神)との投げ合いが話題で、この月は7日の甲子園、21日のマツダスタジアムでマッチアップ。ともに勝利投手に輝いている。

 巨人の戸郷は開幕から続く金曜ローテで月間5試合に先発。4勝をマークした。何といっても24日の阪神戦(甲子園)で自身初のノーヒットノーランを達成。甲子園で巨人の選手がノーノーを達成したのは沢村栄治以来、88年ぶりの快挙だった。続く31日の西武戦(ベルーナD)でも15人連続アウトを奪うなど7回1失点の好投。交流戦に入っても状態の良さが目立つ。

「アスリート/セレブ」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧