データから振り返る シーズン途中の監督交代って効果あるの?

タグ: , 2020/8/27

 プロの世界は厳しい。結果が伴わなければ、シーズン途中でも容赦なくクビを切られる。

 8月20日には、最下位に低迷していたプロ野球・オリックスの西村徳文監督(60)が引責辞任。まだ半数以上の試合を残し、中嶋聡2軍監督が「監督代行」に就任した。

 意味合い的には事実上の「解任」だけに、チームに与えるショックは大きい。現場トップ交代という「劇薬」を投入して、どれほどの効果があるのか。2000年以降のデータから探ってみた。

・今すぐ読みたい→
巨人退団後に大化けした選手たち https://cocokara-next.com/athlete_celeb/players-who-succeeded-after-leaving-the-giants/

<2000年以降、シーズン中の監督交代>


【オリックス】
◆2003年4月
(前任)石毛宏典.368( 7勝12敗1分)6位
(後任)レオン .350(41勝76敗3分)6位
翌年監督→(交代)伊原春樹

◆2008年5月
(前任)コリンズ .429(21勝28敗)5位
(後任)大石大二郎.574(54勝40敗1分)2位
翌年監督→(続投)大石大二郎

◆2012年9月
(前任)岡田彰布.400(50勝75敗10分)6位
(後任)森脇浩司.778(7勝2敗)6位
翌年監督→(続投)森脇浩司

◆2015年5月
(前任)森脇浩司.358(19勝34敗1分)6位
(後任)福良淳一.477(42勝46敗1分)5位
翌年監督→(続投)福良淳一

【西武】
◆2014年6月
(前任)伊原春樹.377(20勝33敗)6位
(後任)田辺徳雄.494(43勝44敗4分)5位
翌年監督→(続投)田辺徳雄





【楽天】
◆2018年6月
(前任)梨田昌孝.339(21勝41敗)6位)
(後任)平石洋介,474(37勝78敗2分)6位
翌年監督→(続投)平石洋介

【横浜(現DeNA)】
◆2002年9月
(前任)森 祇晶.355(43勝78敗5分)6位
(後任)黒江透修.429(6勝8敗)6位
翌年監督→(交代)山下大輔

◆2009年5月
(前任)大矢明彦.351(13勝24敗)6位
(後任)田代富雄.355(38勝69敗)6位
翌年監督→(交代)尾花高夫

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【攝津正野球イベント開催!】元沢村賞投手『攝津正』とYouTuber『Bモレル』が全力でファンと交流!野球観戦バー「サークルチェンジ」と「CoCoKARAnextオンライン野球居酒屋」が共同でリアル&オンライン野球イベントを開催!

野球観戦バー「サークルチェンジ」で元沢村賞投手の攝津正さんと人気YouTuber「Bモレル」さんがファンの方とお酒を飲みながらロッテvsソフトバンク戦をその場で解説しながら楽しく観戦! 飲み放題付きチケットだからとってもお得!2人と一緒にお酒を飲みながら大いに盛りがろう! お店に来れない人のためにこちらの模様をZOOMでも生配信!お店で一緒に観てる感覚がお家でも味わえる! またオンラインで参加の方限定で直接会話ができて二人のサインももらえるチケットも販売中! (こちらはオンラインでの参加の方のみとなります!)

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧