9球団が異なる1位指名選手を公表する前代未聞の事態に、目玉不在がゆえのドラフト会議はどうなる?!

タグ: , , 2022/10/20

 異例の1位指名公表ラッシュに、運命の1日を前に球界がざわついていた。20日のドラフト会議が迫る前日の19日、ヤクルトと中日が1位指名を公表した。これで本番を前に9球団がドラフト1位指名を公表することとなった。

【関連記事】原巨人 FA戦線で熱視線を向ける「意外な選手の名前」






 ヤクルトは東芝の吉村貢司郎投手、中日は沖縄大の仲地礼亜投手の1位指名を公表した。ざわつきの理由は、その9球団がそれぞれ公表した1位指名選手が異なる点にある。

 真っ先に公表した巨人は、高松商高の浅野翔吾外野手。以下、ソフトバンクが誉高のイヒネ・イツア内野手、西武が早大の蛭間拓哉外野手、日本ハムが日体大の矢澤宏太投手、広島が苫小牧中央高の斉藤優汰投手、オリックスが白鷗大の曽谷龍平投手、楽天が立大の荘司康誠投手と続いていった。

 近年を振り返れば、例えば2020年には7球団が1位指名を公表。2009年には10球団が公表に至った。ただし、2020年は巨人など3球団が近大・佐藤輝明外野手、2球団が早大・早川隆久投手と目玉選手に重複。2009年に至っては7球団が花巻東高の菊池雄星投手の1位指名を公表した。他球団と競合してでも獲得に賭けたい逸材がおり、競争相手を1球団でも減らしたいという思惑が見て取れる。

 一方で今季はその真逆と言える。目玉選手が不在がゆえに、1位指名での競合は避けたいところ。補強ポイントに合致する選手を確実に一本釣りするために、公表することで獲得を検討していた他球団を撤退に導くけん制の意味が強い。当日までどの選手を1位指名するか分からないのはDeNA、阪神、ロッテの3球団だけ。ふたを開けてみたら、1位指名での競合が一切ない可能性さえ残す。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧