「中日とDeNAは、ほぼパーフェクト」現役ドラフトを球界OBが総括!事実上の“トレード”となった両球団を高評価

タグ: , , , , , , , , , 2022/12/10

(C)Getty Images

 12月9日、初の試みとなる「現役ドラフト」が開催され、日本野球機構(NPB)は各球団の獲得選手を発表した。出場機会に恵まれない選手の移籍を活性化するための制度で、開催前には各球団どの選手がリストアップされるのかに、大きな注目が集まっていた。

 中日OBで野球解説者の中村武志氏は、YouTubeチャンネル「野球いっかん!」に電話で出演し、現役ドラフトの結果について言及した。

【関連記事】原巨人 現役ドラフトで「オコエ獲得」の衝撃 早くもささやかれる「不安材料」とは






 全体的な結果を見て、中村氏は「ちょっと想像していたメンバーと違いました」と第一印象を述べ、「もう少し12球団が欲しいと思うような選手が出るのかなと期待していましたけど、どちらかというと2軍の選手が多いですね」と、開催前の自身の認識とは違ったと明かした。

 今回が初めての開催となったが、球団側は「(球団同士での)情報交換というのもないと思いますし、難しいと思いますね」と中村氏は話し、全球団の獲得選手を見た上で「中日とDeNAに関しては、ほぼパーフェクトじゃないですか」と2球団の結果を高く評価した。

 実質“トレード”のような形になった両球団だが、中日から移籍する笠原祥太郎投手については、「笠原はチェンジアップが武器で、多少風があったりとか、屋外の方が力を発揮しそうな球種を持っている。バンテリンドームは広いですけど、横浜スタジアムとか風に影響される球場の方が、笠原自体が活きると思います」と話し、移籍をきっかけに飛躍する可能性を示唆した。

 また、DeNAから移籍する細川成也外野手については、「中日はパワーヒッターがいないという弱点がずっとあったので、細川の中日入りも楽しみです。彼は外国人並みのパワーを持っているので」と語り、中日の補強を評価した。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧