カーリング女子チームと東京五輪金メダルチームの共通点とは?スノボ・平野の不可解判定には・・・ ソフトボール・元日本代表主将 山田恵里インタビュー

タグ: , , , , , , , , 2022/3/10

 東京五輪で金メダルを手にし、見事連覇を果たした日本女子ソフトボール代表。常勝軍団で主将としてチームを牽引し、金メダル獲得に大きく貢献した山田恵里。

 そんな山田恵里に独自にインタビューを実施した。東京五輪に続き、北京五輪でも多くの日本人選手が活躍し注目を集めた。そんな北京五輪を観て感じたことや、学んだことについて語ってくれた。

・今すぐ読みたい→
「イチローさんに似ている」東京五輪金メダリストが尊敬する羽生結弦の凄さとは!? ソフトボール・元日本代表・山田恵里インタビュー https://cocokara-next.com/athlete_celeb/eriyamada-interview-01/



「今回の五輪からはメンタルが本当に大事だと思いました」

 そう今回の北京五輪でのトップアスリートたちから学んだことを明かした山田。

「カーリングを見ていて、凄く楽しんでやっていたと思ったんですけど、私たちが2008年の北京五輪でアメリカに勝った時に似ていたんですよ。カーリングの方たちの戦い方が。自分たちが楽しんでやれていて、相手が勝手にミスをするみたいな。相手がいるスポーツであっても、自分たちの雰囲気や戦い方をすることが凄く大切だなと感じました」

 山田が経験した2008年のアメリカ戦は死闘となり、苦しい状況が続いていたにもかかわらず、当時のソフトボール日本代表チームの雰囲気は明るかった事を振り返りながらロコ・ソラーレとの共通点を感じたという。その中でも、吉田知那美の声に注目したという。





山田は、

「吉田知那美さんのかける言葉からは、あえてポジティブな言葉ばかりを言っているような感じがしました。そうやって、ポジティブに考えて言葉にすることの大切さを学びましたね。思ってるだけじゃなくて言葉にすることで、自分だけじゃなく、周りも元気になって、大丈夫だって思えるようになると思います」

と、ネガティブな気持ちになりそうな状況の連続にも負けることなく、あえてポジティブな言葉をかける姿からは学ぶことが多かったようだ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧