検討されているF1の予選・新ルールに賛否両論 その内容とは

タグ: , 2021/3/1

 今季のF1で試験的に一部グランプリの予選をスプリントレース方式で実施することが本格的に検討されている。簡単に言えば、短い距離のレースをして、その順位で決勝のスターティンググリッドを決めるルールだ。

昨年のF1アブダビGPのスターティンググリッド(ダイムラー提供)

・今すぐ読みたい→
F1撤退というマイナスイメージをホンダは払拭できるか https://cocokara-next.com/athlete_celeb/negative-image-of-withdrawal-from-f1/



 出場チームも導入に前向きのようで、フェラーリのマッティア・ビノット代表も欧州メディアの取材に「スペクタクルにするための変化、予想がつかないレースにするための変化は素晴らしいことだ。話し合いも実務的になると思う。変化を支持する。変化はわれわれが言及する目標や目的を達成することになる」と賛同した。

 導入が見込まれるグランプリはカナダGP、ブラジルGP、イタリアGPで、いずれも直線区間で追い抜きが可能なレイアウトのサーキットが使われている。スプリントレース予選は100キロ、30分程度になるという。

 試験的でも採用されれば、予選システムの根本的な変更は現行のノックアウト方式となった2006年以来、15年ぶりとなる。





 ちなみにF1でのノックアウト方式とは、予選を3ラウンド制にし、下位タイムの選手が次々と脱落し、最後のラウンドでポールポジションを争う。その前はワンラップアタック、金&土曜の2日間制、エントリー台数が多かった1990年前後には予備予選が実施されたこともあった。

 ドライバーの間でもスプリントレース方式の予選については賛否はある。レッドブルのマックス・フェルタッペンは欧州メディアに対し「わざわざ(グランプリ週末に)レースを増やす必要はない。僕は1時間半くらいのレースが好み。僕らがいいマシンを持てば、レースは接戦になるし、優勝を争うチームも増える。とにかくスプリントレースは不要だ」と導入には反対の姿勢だ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧