新庄ハム 「中4日構想」に疑問の声 脳裏に浮かぶ「あのチームの失敗」とは

タグ: , , 2022/4/12

 また新庄ビッグボスが新たなプランを打ち出している。日本ハム・新庄剛志監督(50)は11日、中4日をベースに先発投手陣を回すプランを披露した。

・今すぐ読みたい→
因縁の対決再び、朗希の次戦はビッグボス打線 再び踏み台とするのか、奇策が待つのか https://cocokara-next.com/athlete_celeb/roukisasaki-vs-bigboss/



 「中4日」はメジャーでも多く取りいれられているが、目的としては「メジャーとかそういう問題ではなく、個人個人の成績でお金を稼がせる、チームにリズムを持って来てもらう方法」と説明した。

 すでに10日の上沢から中4日を解禁。具体的には投手に球数を減らして抑える技術向上や、中4日でも壊れない頑健な体作りを求めている。

 一方で、シーズン途中からの「中4日」導入に関してはこんな声もある。

 「昨年は巨人が9月から急きょ、中5日ローテを始めたことで注目を集めたが、結果は惨敗。疲れが抜けない投手陣が早期降板、中継ぎ陣のスクランブル起用など、チームが低迷する原因ともいわれた。登板間隔を詰めて勝ち星を増やすには投手陣にも修正能力の高さや体の強さが求められる。土台もしっかりしていないのに、中継ぎ陣への負担含め、目配りはできているのか」(球界関係者)





 昨年巨人は9月から「中5日」、ときに「中4日」ローテーションを敢行。先発陣はエース・菅野含め、若手の戸郷、高橋なども過酷なローテーションで踏ん張ったが、結果は伴わなかった。これには球界内からも「指導体制、選手の体力が伴っていない」と批判を集めた経緯があった。事前の準備が足りなかったという指摘だ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧