【日本ハム】上沢の中4日起用・・・この先の先発起用はどうなる?球団OB西崎氏の見解は

タグ: , , 2022/4/11

 プロ野球日本ハムは10日、札幌ドームで楽天と対戦。延長10回の熱戦をサヨナラ勝ちで制した。

この試合、日本ハムの先発は中4日での登板となった上沢。

前回登板となった5日のロッテ戦では5回を投げ77球2失点で降板。

これまでに比べて早い段階での降板に、試合後、投手コーチを務める武田氏は、「予定通りの継投。こちらの作戦です」と、上沢の中4日登板を示唆していた。

・今すぐ読みたい→
巨人・中田が早くもスタメン落ち! 指揮官が危機感を強める「あの理由」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/shonakata-be-dropped-from-starting-member/



一方の上沢本人は「新しいことをやるのはどういう感じなんだろうと、僕も興味はあるので。とりあえずチャレンジしてみることが楽しみではある。しっかり体と相談しながら」と、自身初の試みとなる短間隔での登板へコメントを残していた。

迎えた10日の試合。上沢は初回からランナーを出すも粘りのピッチングを披露。

5回にはヒットと四球で2アウト満塁の大ピンチを招くも、最後は山﨑をセカンドゴロに打ちとり、5回97球無失点でマウンドを降りた。

自身初の中4日登板を無失点で終えた上沢。

だが一方で心配なのは身体のコンディションだ。

上沢は、5日に77球、10日には97球と、短期間で170球近く投げていることになる。





実は以前上沢はとある雑誌インタビューで中4日での登板について

「(中4日で登板するならその日の登板は)100球で降板とか球数制限はあると思うが、体が相当強くないといけないと思う。中4日で登板となった日に100球はきついかな。体が回復していない気がする。次の登板まであっという間だし、1週間に2回投げるのはやばい・・・」

と、短期間での登板に懸念を示していた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧