やはり怪物だった! ロッテの佐々木朗希投手が令和初、21世紀初の完全試合 大リーグでも1度もない史上初の2試合連続達成はなるか?

タグ: , , 2022/4/11

 「令和の怪物」の異名を持つロッテの佐々木朗希投手(20)が10日に本拠地ZOZOマリンスタジアムで行われたオリックス戦で、21世紀初、令和初、プロ野球では28年ぶりとなる完全試合を達成した。

・今すぐ読みたい→
巨人・中田が早くもスタメン落ち! 指揮官が危機感を強める「あの理由」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/shonakata-be-dropped-from-starting-member/


 しかもプロ野球新記録の13者連続連続三振を奪い、同タイ記録の1試合19奪三振も記録して偉業に花を添えた。球数は105球。1軍デビューを飾った昨季は完投が1度もなく、プロ初完投試合が完封、完全試合となったが、こちらも史上初だ。

 「正直あんまり意識していなくて、打たれたらそれでいいかなと思って、最後まで(捕手の)松川を信じて投げました」とヒーローインタビューでははにかみ、良かった点について「ストライク先行で、早いカウントで勝負できたので良かったかなと思います」と振り返った。

 プロ野球記録の19奪三振は1995年4月21日に野田浩司(オリックス)が記録。相手はロッテで場所は今回と同じ千葉マリンスタジアム(当時の呼称)だった。佐々木朗は1回から5回まで13者連続三振を奪ったが、57年梶本隆夫(阪急)、58年土橋正幸(東映)が樹立したそれまでの日本記録「9」を大幅に更新する快投だった。





 今回の完全試合はプロ野球史上16度目だ。94年5月18日に槙原寛己(巨人)が広島戦(福岡ドーム)で達成して以来、28年ぶりで、ロッテでは73年10月10日に八木沢荘六が太平洋ライオンズ戦(宮城球場)で記録して以来。佐々木姓では66年の佐々木吉郎(大洋)、70年の佐々木宏一郎(近鉄)に次いで3人目だ。

 ちなみに20歳5カ月での達成は史上最年少で、通算14試合目はプロ野球史上最速。記録ずくめのパーフェクトゲーム達成となった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【関西ダービー観戦イベント@6/10オリックスvs阪神】YouTuber『Bモレル』と日本一の投手コーチ『佐藤義則』が全力でファンと交流!野球観戦バー「サークルチェンジ」と「CoCoKARAnextオンライン野球居酒屋」が共同でリアル&オンライン野球イベントを開催!

野球観戦バー「サークルチェンジ」で人気YouTuber「Bモレル」さんとダルビッシュ、マー君を育てた日本一の投手コーチ「佐藤義則」さんがファンの方とお酒を飲みながらオリックスvs阪神戦をその場で解説しながら楽しく観戦! 飲み放題付きチケットだからとってもお得!2人と一緒にお酒を飲みながら大いに盛りがろう! お店に来れない人のためにこちらの模様をZOOMでも生配信!お店で一緒に観てる感覚がお家でも味わえる! またオンラインで参加の方限定で直接会話ができて二人のサインももらえるチケットも販売中!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧