やはり怪物だった! ロッテの佐々木朗希投手が令和初、21世紀初の完全試合 大リーグでも1度もない史上初の2試合連続達成はなるか?

タグ: , , 2022/4/11

 「令和の怪物」の異名を持つロッテの佐々木朗希投手(20)が10日に本拠地ZOZOマリンスタジアムで行われたオリックス戦で、21世紀初、令和初、プロ野球では28年ぶりとなる完全試合を達成した。

・今すぐ読みたい→
巨人・中田が早くもスタメン落ち! 指揮官が危機感を強める「あの理由」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/shonakata-be-dropped-from-starting-member/


 しかもプロ野球新記録の13者連続連続三振を奪い、同タイ記録の1試合19奪三振も記録して偉業に花を添えた。球数は105球。1軍デビューを飾った昨季は完投が1度もなく、プロ初完投試合が完封、完全試合となったが、こちらも史上初だ。

 「正直あんまり意識していなくて、打たれたらそれでいいかなと思って、最後まで(捕手の)松川を信じて投げました」とヒーローインタビューでははにかみ、良かった点について「ストライク先行で、早いカウントで勝負できたので良かったかなと思います」と振り返った。

 プロ野球記録の19奪三振は1995年4月21日に野田浩司(オリックス)が記録。相手はロッテで場所は今回と同じ千葉マリンスタジアム(当時の呼称)だった。佐々木朗は1回から5回まで13者連続三振を奪ったが、57年梶本隆夫(阪急)、58年土橋正幸(東映)が樹立したそれまでの日本記録「9」を大幅に更新する快投だった。





 今回の完全試合はプロ野球史上16度目だ。94年5月18日に槙原寛己(巨人)が広島戦(福岡ドーム)で達成して以来、28年ぶりで、ロッテでは73年10月10日に八木沢荘六が太平洋ライオンズ戦(宮城球場)で記録して以来。佐々木姓では66年の佐々木吉郎(大洋)、70年の佐々木宏一郎(近鉄)に次いで3人目だ。

 ちなみに20歳5カ月での達成は史上最年少で、通算14試合目はプロ野球史上最速。記録ずくめのパーフェクトゲーム達成となった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧