キム・ヨナ対ワリエワの「場外乱闘」も勃発!ドーピング問題、経験者から厳しい声が噴出

タグ: , , 2022/2/16

 疑惑は晴れるどころか、深まるばかりです。

北京五輪のロシア・オリンピック委員会(ROC)フィギュアスケート女子代表のカミラ・ワリエラに関するドーピング問題が、混迷しています。スポーツ仲裁裁判所(CAS)の聞き取りに対して、ワリエワの弁護士はこんな説明をしたのです。

・今すぐ読みたい→
高梨沙羅がスーツ違反で失格にされ、薬物濃度200倍のワリエワが失格にならない闇五輪 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/beijing-olympics-unfair-judge-03/



「祖父の心臓病の薬を誤って口にした。同じ食器を使ったことで体内に入ってしまった」

スポーツ紙の五輪担当デスクはこの説明について、苦笑して言います。

「荒唐無稽というか、ロシア人らしいデタラメですよね。このコロナ禍で家族といえども、五輪を控えた選手が他人と同じグラスを使いますか? そしてこの説明ならば、家族に確かめようとすれば、『その事実はあった』と口裏合わせも可能になる。家族を巻き込んだ、なかなか巧妙な『ウソ』とも言えます。さらに言えば、陽性反応を示したトリメタジシンは誤飲の可能性が極めて低い禁止物質とされていますからね」

結果的に「大甘裁定」によってワリエワは15日のフィギュアスケート女子ショートプログラムに出場が認められ、82・16点をマーク。見事に首位スタートを飾りました。これに対しては世界中のSNS上でも賛否両論が渦巻いています。そんな中、特筆すべき事は、アスリートの間では「NO!」の声が圧倒的に大きいことです。





いち早く声を挙げたのはバンクーバー五輪金メダリスト、ソチ五輪銀メダリストのキム・ヨナ氏です。インスタグラムに真っ黒の画像を投稿するとともに、英語でこう記したのです。

「ドーピング違反をした選手は試合に出場することはできません。この原則は例外なく、守られるべきです。あらゆる全ての選手の努力と夢は平等に尊いものです」

フィギュアという競技の魅力と地位を高めた第一人者による辛辣な投稿は、「15歳の悲劇」という情緒に流されがちな世論を大きく変える原動力となりました。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧