DeNA・宮﨑がFA残留宣言 他に今年のFA市場の注目選手とは

タグ: , , , 2021/10/30

 FA市場の目玉が先陣を切って残留宣言した。DeNA・宮﨑敏郎内野手は29日、国内FA権を行使せずに、6年契約で残留することを表明した。

 「熱狂的なファンの前でプレーできるのもすごくうれしいし、ファンのみなさまと勝って喜びを分かち合いたいのが一番の理由です」

 右投げ右打ちで32歳の宮崎は、2017年に打率・323で首位打者を獲得。2018年には打率・318で28本塁打と長打力も示した。今季は113試合の出場で129安打、打率・301、14本塁打、53打点と堅実で勝負強い打撃は衰え知らず。2018年には三塁でゴールデングラブ賞も受賞した。計算の立つ堅実な右の中距離打者として、宣言すれば争奪戦となるのは必至だった。

・今すぐ読みたい→
原巨人はどうして「大失速」したのか かつての懐刀が解説 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/hidekihashigami-talks-about-giants/



 昨年は7選手がFA宣言。残留せずに移籍したのは3選手だけで、1人が海外FA宣言でレッドソックスへ移籍したロッテ・澤村拓一。残る2人はともにDeNAから巨人へ移った梶谷隆幸と井納翔一だった。梶谷も井納も、移籍初年度の今季は期待を大きく裏切った。FA補強の難しさを物語るが、とはいえ他球団のスター級選手を獲得できる絶好のチャンスでもある。

 では今年のFA市場では宮﨑の他に、どんな選手が注目を集めているのだろうか。

 大きな注目を集めているのが、広島が誇る両先発右腕、大瀬良大地と九里亜蓮の2人だ。

 大瀬良は今季23試合で10勝5敗、防御率3・07。昨季は右肘のクリーニング手術を受けるなど5勝4敗、防御率4・41と不本意な成績に終わった。今季は2年ぶりの2桁勝利に最終登板の完封で達し、規定投球回にも到達した。





 もう一人の九里は25試合に投げて13勝9敗、防御率3・81。阪神・青柳に並んで初タイトルとなる最多勝を決定的とし、低迷したチームにおいて奮投した。5月の集団感染の際に新型コロナウイルスに感染し一時離脱したが、自身初の2桁勝利でまた一回り成長した姿をみせた。

 両右腕とも、宣言すれば獲得に乗り出す球団は少なくなさそうだ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧