原巨人 来季の「トロイカ体制」にささやかれる不安点とは

タグ: , , 2021/10/25

 去就が注目されていた巨人・原辰徳監督(63)の続投が正式に決まった。24日、山口寿一オーナーは球団が行った続投要請に対し、原監督に内諾を得たと明かした。

・今すぐ読みたい→
巨人梶谷 年俸2億円男が今季終了!異例の「大ハズレFA」で原全権監督に影響も https://cocokara-next.com/athlete_celeb/giants-lost-the-lottery-fa/



 来季は監督通算16年目にあたる。これは長嶋監督を超えて、球団最長年数となる。原監督も「自分の中では一年一年だから。そういうつもりで積み重ねた結果が16年ということ。そういう気持ちじゃなきゃ監督ってできないと思う」と続投を認め、新たな気持ちでチーム作りに取り組む姿勢を見せた。

 リーグ3連覇が期待された今季は打撃不振なども響き、終盤にまさかの10連敗を喫するなど急失速。体制立て直しのために来季は原監督、元木ヘッドコーチ、阿部作戦コーチ3人の「トロイカ体制」となることも決まった。一方でこの体制を不安視する声もある。

 「要するに阿部次期監督に向けて、いよいよ禅譲モードということだと思うが、普通ならば、ヘッドにして作戦面も任せるほうが1番しっくりくる形。それでなくとも巨人は原監督が全権監督として作戦面、選手指導なども含め、一手に行っている印象を受ける。役割を明確にしないと阿部も何をしていいのか迷ってしまうのではないか」(球界関係者)





 一軍に置くのはいいが、役割が不明瞭な場合はせっかくの存在が空回りしてしまう可能性を指摘する。

 選手への影響もある。「巨人は元々コーチの人数が多い。その中で、監督もいて、ヘッドもいて、次期監督とされる作戦コーチもいてとなると、選手も誰のいうことを聞けばいいのか迷ってしまう場合はあると思う」(同)。

 船頭多くして―、ということわざもあるように指揮系統が複数あることで選手に混乱が生じないかを危惧する。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧