完全逃し、ノーノー逃しだけじゃない、球界一の「持ってない男」西武西口

タグ: , , 2022/5/8

 中日の大野雄大投手(33)が5月6日の阪神戦で完全試合を逃したことで、久々に名前が登場したのが西武の西口文也。大野は9回までパーフェクトに抑えながら、延長10回に安打を許して大記録を達成できなかったが、2005年8月27日楽天戦の西口以来2人目の珍事だった。

【関連記事】仲の良い選手は「いない」チーム野手最年長ソフトバンク ・松田が抱く後輩への想いとは



 西武2軍監督の西口は、大野について球団を通じてコメントし「僕と一緒ですね。自分の時も0対0で延長に突入しましたが、記録よりも点を与えないことに集中していました。勝ちたかったので、10回に1本打たれた後の方がさらにギアが入った、と記憶しています。大野投手も同じ気持ちだったんじゃないですかね」。大野も西口も9回まで援護なく、延長で完全を逃しての1安打完封が同じなら、9月26日の誕生日まで一緒(西口=1972年、大野=1988年)という運命めいたものまで感じさせた。

 共通点が重なった2人だが、西口の不運ぶりには大野もかなわない。完全試合こそ逃したが、大野は2019年9月14日阪神戦(ナゴヤドーム)でノーヒットノーランを達成している。かたや西口は9回2死からノーヒットノーランを2度も逃した「持ってない男」として有名だ。





 西口はキレのあるスライダーを武器に通算182勝をマークした。200勝を目指していた晩年は、勝ち投手の権利を得て降板するも救援がことごとく打たれ、貴重な白星が1ヶ月で3度消されたことも。西武リリーフ陣の「西口さんのために」の思いが重圧となって空回りし、「仕方ない」と言うばかりだった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧