原巨人 OBからも苦言を呈される「あの起用法」とは

タグ: , , 2022/7/4

 育成の巨人は・・・。巨人は3日の広島戦(マツダ)に7ー5と勝利。キャプテン坂本に2打席連続ホームランが飛び出すなど、連敗を3で止めた。

【関連記事】日ハム・清宮 自己最多8号もうかうかできない「あの理由」とは

 坂本は6回に4月19日の広島戦以来となる4号ソロを放つと、同点の7回にも2打席連続となる5号2ランをマーク。負ければ借金生活となる試合で3安打3打点とさすがキャプテンの存在感を示した。

 それでも坂本は「ホームランがなかなか出てなかったので。ホームランだけが野球じゃないですけど、もうちょい打たないと駄目ですね」と反省の弁が口をついた。首位を独走する次カードのヤクルト戦に弾みをつけるホームランとなった。

 一方で投手陣で注目を集めたのは5月6日以来、2か月ぶりの先発マウンドとなった堀田だった。3回まで無安打投球。最速149キロの直球と気迫のこもった投球で広島打線を封じ込めていたが、4回一死後、菊池、マクブルーム、坂倉に3連打を浴び、1点を失った時点で降板となった。その後を継いだ戸根が打たれ、4回途中3安打3失点。





 一方、この降板には疑問の声も出た。元巨人監督で野球評論家の堀内恒夫氏(74)は3日、自身のブログを「ピッチャーの使い方」のタイトルで更新。

 「今日の広島戦。7対5で『なんとか』勝てた。巨人は3連敗をしなくて良かったとは思う。思うけど。勝ったゲームに苦言を言うようで申し訳ないけれど」と前置きしながら先発・堀田について言及。

 4回一死までの投球を「ここまでは良かった」としながら、その後、降板した場面について「ここで巨人ベンチが動いた。なんと堀田はマウンドを降りることになる」とコメント。

 続けて「4回のマウンド。堀田自身『5回』を意識し始めたと思うんだ。とは言え3連続ヒットは打たれたもののまだ1点取られただけ。俺はもう少し堀田に投げさせても良かったんじゃないかと思ったよ」と私見をのべた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧