原巨人 歴史的惨敗でささやかれる「政権交代」の可能性 首位ヤクルトとの「圧倒的な差」とは

タグ: , , 2022/6/25

 分岐点となる試合となりそうだ。巨人は首位攻防となった24日のヤクルト戦(神宮)に6ー16の大敗。エース菅野が3回までに7失点するなど、13年ぶりとなる1試合16失点で歴史的な惨敗。これでヤクルトとの差は「11」。25日にも自力優勝の可能性が消滅する。

【関連記事】「オオタニはもう十分」の“クレーム”から一夜、大谷翔平の101号本塁打に「彼女は今、空に向かってパンチしているだろう」と現地記者が皮肉【2022上半期ヒット】






 投打にわたって力の差を見せつけられた。マウンドに上がったのはエース・菅野。勢いのあるヤクルト打線を封じ込められるか、注目されたが、結果は無惨だった。5回を投げ2本塁打を含む9安打7失点。相手捕手の中村にプロ初の2打席連続本塁打を浴びるなど、球にキレがなく燕打線に翻弄された。

 6回から登板した2番手の桜井も村上に24号2ラン、3番手の戸田も村上に2打席連続となる25号2ランを浴びるなど勢いを止められない。救援陣も炎上、傷を広げ、完膚なきまでに叩きのめされた。

 東京ダービーと注目された首位攻防戦。初戦は5本のアーチを浴び、16失点の歴史的大敗。首位・ヤクルトとの圧倒的な力の差を見せつけられた原監督は「こういうゲームをやっているとファンの方に申し訳ない」と、言葉を絞りだすしかなかった。

 この日の試合内容に関してはこんな声も。

 「とにかくヤクルト打線の元気さが目立ちました。好球必打、走塁に関しても一つ先の塁を狙うスキのない姿勢、何よりチームの雰囲気がいいことが伝わってくる明るいベンチ。一方で巨人ベンチの暗さが気になりました。投手陣も打ち込まれ、打線も覇気がない。巻き返し策が果たしてあるのか、心配になります」(放送関係者)

関連記事

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧