巨人 広島と2・5差!内部崩壊進むチームに「CS進出も厳しい」の理由とは

タグ: , 2021/10/18

 鯉の足音がはっきりと聞こえてきた。広島は17日の阪神戦(甲子園)に4―2と勝利。4番・鈴木誠に3戦連発、今季7度目となる1試合2発が飛び出すなど、一発攻勢で2位の阪神を沈めた。

・今すぐ読みたい→
巨人梶谷 年俸2億円男が今季終了!異例の「大ハズレFA」で原全権監督に影響も https://cocokara-next.com/athlete_celeb/giants-lost-the-lottery-fa/



 目指すCSが夢物語ではなくなってきた。この日の勝利で3位の巨人には2・5差に迫った。直近10試合を9勝1敗と怒涛の勢いでまくっている。目的が明確になったこともあり、快進撃を続けている。

 そして対象の巨人といえばどん底の10連敗中。残り試合が少なくなってきたことでまだ巨人のほうが優位に立っていると見られるが、ここにきての惨状にCS進出を危惧する声も出てきた。

 「巨人は残り4試合。前半2試合で連敗を止めることができればいいが、仮に止まらないようなことがあれば、いよいよ空気は重くなる。そういったときには普通のプレーも難しくなり、思わぬミスが出る場合もある」(球界関係者)といかに平常心で臨めるかが、勝利の鍵を握るという。





 一方で人気球団巨人の急失速には大きな注目が集まり、週刊誌などを中心に原監督、コーチ陣間の亀裂、不協和音なども伝えられている。

 「特に話題となっているのは10月初旬に行った石井琢朗作戦コーチの三軍コーチへの配置転換です。それまで選手の早出特打などにも親身に付き合い、選手との距離も近かっただけに、『なぜ?』と選手間にも不安が広がったようです。真相は不明ですが、こういったことがあるとチームには動揺が走りますね」(放送関係者)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧