原巨人 「このままではおかしくなる」有力OBからも批判された継投の「問題点」とは

タグ: , , , , , 2022/8/23

(C)CoCoKARAnext

 チームが今季ワーストの6連敗と深刻な状況にある中、巨人の元監督で野球評論家の堀内恒夫氏が22日に自身のブログを更新。巨人が1―6で敗れた21日の阪神戦(東京ドーム)の投手起用に関して持論をのべた。

【関連記事】巨人が高松商・浅野翔吾をドラフト1位で行くべき3つの理由






 ブログの冒頭では「昨日投げたピッチャー陣について、老婆心ながら気になったことを正直に述べていきたい」と切り出すと、先発し5回途中10安打3失点で試合後に降格となったシューメーカーについては「ボールにスピードがない。フォークが多すぎる」とコメント。

 さらに「気になったのが2人」として中継ぎとして登板した赤星と高梨の名前をあげた。

 赤星は3点を追う5回二死一、二塁から登板し、梅野を一ゴロに抑えて終了。結果的にこのワンポイントで降板となったことに堀内氏は「彼をただの敗戦処理として使っているように思えてしまう。もし、育てるというならばあの1ポイントは他の誰かに任せ次の回、頭から2回くらい長いイニングを投げさせた方が経験を積ませると言えるだろう」と語る。赤星は先発としてシーズンをスタートさせたが、途中から中継ぎに転向。首脳陣は今後、先発への復帰も視野に入れている。

 またこの日、5番手として8回から登板、2安打2四球で2失点を喫したリリーフ左腕の高梨についても言及。

 堀内氏はこの日の高梨について「微妙なところで勝負できる彼のピッチングスタイルでもってストライクを取ってもらえないようでは自ずと厳しくなってくる」とした上でこう続けた。

 「こういう微妙なところがボールになってしまうのは連投の疲れもあるだろうと思うし、勝っても負けても投げるようじゃ気持ちも入ってこないと思うよ」と以前から勝ちパターンなどの役割分担が明確でないまま、投入させられる中継ぎ陣の負担に関して意見をのべていたが、この日も疑問の目を向けた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧