原巨人 左の中継ぎ不足に嘆き 悔やまれる「あの投手」の放出とは

タグ: , , , 2022/6/14

(C)CoCoKARAnext

 あの投手がいてくれれば―。リーグ戦再開を前に戦力再点検に励む中、巨人・原監督が言及したのは苦戦する投手陣についてだった。

 交流戦は8勝10敗の負け越しで10位と沈んだ。足を引っ張ったのは投手陣の不調にもあった。交流戦防御率は4・10、78失点とともにリーグ11位の成績。先発が早期に崩れる試合も続いているが、後を継ぐリリーフ陣も粘れず、傷を広げている。

【関連記事】セ・リーグが史上初の2年連続勝ち越し 交流戦で急浮上した阪神、大失速はあの2球団

 中でも指揮官が目を向けたのは「左のセットアップがもう一人欲しい」。現在一軍の左投手では今村(25試合登板)、高梨(24試合登板)の2人はいるが、共にリリーバーとしてフル回転している。今後のシーズンを見据えて、高木、戸根といった実績のある左腕や、若手が伸びてきてほしいところ。

 そしてリリーフ左腕不足となっていることで改めてクローズアップされているのは、昨年の電撃トレードだった。開幕直前の3月1日に発表されたのは巨人・田口麗斗投手とヤクルト・廣岡大志内野手の交換トレード。ブルペン強化を図りたいヤクルトとパンチ力のある内野手強化を求めた巨人の思惑が合致しての交換トレードとなったが、現状では「ヤクルトのほうがはるかにチームの力になっている」(球界関係者)といわれている。





 ヤクルトに移籍した左腕・田口は巨人時代には先発として2016、2017年に2年連続2桁勝利をあげるなど活躍。中継ぎに転向以降も19年7月には10試合連続登板のセ・リーグタイ記録を樹立するなど、フル回転でチームを支えた。移籍した昨季もヤクルトでは先発、中継ぎを務めるなど、順応力の高さを発揮、チーム日本一の大きな力となった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧