巨人桑田C「特攻ローテ」続行で波紋 危惧される「あのこと」

タグ: , , 2021/11/30

 巨人の桑田真澄投手チーフコーチ(53)が来季も先発投手陣を中4、5日のローテーションで回す方針を明らかにして、波紋を呼んでいる。

・今すぐ読みたい→
大田泰示 ファイターズと「決別宣言」 背景にある「切ない本音」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/taishiohta-real-intention/



 今季、シーズン終盤の9月から始まった先発投手陣の「中4~5日ローテ」。当初から骨太の投手陣を構築したいという首脳陣の考えと、先発投手のコマ不足も重なり、勝負どころの9月から導入したものの、9月から10月にかけて22試合連続で先発投手に勝ちがつかず、打撃不振と共に「特攻ローテ」がV逸の原因にも挙げられた。

 一方、来季からチーフ投手コーチを務める桑田コーチはこう見解をのべた。

 「すごくいいことだと思います。米国だって、中4、5日で投げている。そんなに(中4~5日で)投げられない人はプロ野球選手にならない方がいいんじゃないかなと思いますけどね」とコメント。さらに「メジャー目指している選手が多いにもかかわらずね。『いや中5日は』とか、『中4日は』とか言っているようではおかしいですよね。まあ力不足ですよ」と中4~5日を務められない選手がそもそも力不足だと断じてみせたのだ。近年は先発完投型の投手は減り分業制とあって、登板間隔が短くてもしっかりと試合を作ることを求めた。





 しかし、桑田コーチのこの意見には早速、球界内から異論も上がっている。

 「まずメジャー流というのであれば、中5日、6回をメドに100球で降板という体制を作れるのかということになる。救援陣の構築も大事になるし、その日によって後ろが不安だから、今日は長めに先発は投げてほしいなどと不安定な運用は許されない。中継ぎ陣の疲弊も目立つ巨人で、果たしてその体制ができるのかは疑問です」(球界関係者)。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧