原巨人 異例のコーチ肩書追加でもぬぐえない「あの不安」とは

タグ: , 2021/11/15

 レギュラーシーズン3位に沈んだ巨人が異例のコーチ役職変更で巻き返しを期す。元木大介ヘッドコーチ(49)がヘッド兼オフェンスチーフ、阿部慎之助作戦コーチ(42)が作戦兼ディフェンスチーフという肩書がついた。これは球団史上初のことだという。

・今すぐ読みたい→
原巨人 来季組閣をめぐって波紋 早くも浮上する「あの問題点」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/giants-personnel-affairs-problem/



 来季は原監督、元木ヘッドコーチ、阿部コーチによるトロイカ体制が決まっており、どのように役割分担を行うのか、注目を集めていたが、このほど明らかになった人事では元木ヘッドコーチが主に攻撃面、阿部作戦コーチが主に守備面を担当することに。これまで巨人では「野手総合」「投手総合」という肩書はあったが、このように「攻撃」、「守備」という形でチーフコーチを設けるのは初めての試みとなった。

 背景にあるのは危機感だ。今季チームは10月以降に10連敗を記録するなど、どん底まで沈んだ。投打において底上げが急務とあって、攻撃・守備両面のリーダーを明確化することに狙いがあると見られる。

 一方で今回の人事をめぐってはこんな声も上がる。





 「10連敗時に特に注目を集めたのは、選手の覇気のなさ、元気のなさもあった。調子が悪くなれば、そういった部分が多少出てくるのも当然ともいえるが、これまでモチベーターとしての役目を果たしてきた元木ヘッドコーチの神通力が落ちているようにも感じる。また阿部コーチが一軍合流とともに連敗が始まったことも気になる。そのあたりの敗因分析がしっかりできているかが気になるところ」(球界関係者)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧