【日本ハム】打撃「4冠」の松本剛、プロ11年目で覚醒なるか 球団OBも「楽しみ」

タグ: , , , 2022/4/13

 ベルーナドームにて12日、西武と対戦した日本ハムは、3-0の完封勝利で、ビッグボス就任以来初となる2連勝を飾った。

この日、日本ハムの先発は中5日での登板となった加藤。

1,2回を三者凡退で上々の立ち上がりを見せると、6回まで危なげないピッチングを披露。7回にはピンチを招き降板するも2番手の玉井が火消しに成功。

その後も、8回には堀、9回には北山が見事なリリーフをみせ、完封リレーで勝利に導いた。

・今すぐ読みたい→
日ハム・清宮を追い込むビッグボス流采配に疑問の声 「言わなくてもいいのでは」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kotarokiyomiya-be-impatient-07/



加藤は今季初勝利。先月30日の西武戦では6回に7連打を浴び5失点で負け投手となっていただけに、リベンジ登板を果たした。

一方、打線はこの日4番に座った松本剛が大活躍。

1アウト2,3塁で迎えた初回にはレフトに先制タイムリーを放つと、その後も2安打を放ち猛打賞。盗塁も2つ成功させるなど、主軸の役割を見事に果たして見せた。

その松本、今シーズンはここまで打率(.419)安打数(18)得点圏打率(.750)盗塁(7)全てリーグトップの成績を誇り、何と満塁時の打率は驚異の10割(3-3)を記録している(12日現在)。





元々入団当時から、走攻守全てにおいてバランスが取れており定評があった。守備では内外野全てをこなすユーティリティプレイヤー、打撃でもバントなど細かな技から、好機には豪快なバッティングもできるなど、貴重な存在だ。

これまでレギュラーとして定着したことはなかったが、今季はビッグボス新体制のもと、正に指揮官が求める「走れる4番」を体現しており、信頼感も日増しに高まっている。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧