カブス・鈴木、2打席連続弾!筒香との「4番対決」にも勝利

タグ: , , 2022/4/13

写真:Getty Images


 カブスの鈴木誠也外野手は12日(日本時間13日)、敵地でのパイレーツ戦に「5番・右翼」で先発出場。自身メジャー初の2打席連続弾をマークするなど好調をキープしている。

【動画】カブス鈴木が驚愕の2打席連続弾!

 5回無死、先頭打者として打席に立った鈴木は左腕キンタナのフルカウントからの外角高めの91・8マイル(約145キロ)の直球を右中間スタンドに放り込み、待望の先制点を奪うとさらに7回無死で迎えた第3打席には左腕バンダから、1ストライクからの真ん中の直球を左翼席にたたき込んだ。右に左に自在にバットを操り、3号、8打点は本塁打、打点の2部門において現時点でナ・リーグトップに並んだ。この日は鈴木があげた2打点でパイレーツに2―1と勝利。正に主砲の存在感を示した。鈴木は10日(日本時間11日)のブルワーズ戦の初回で左中間へ先制3ランを放っており、2試合連続弾となった。

 この日は日本人打者対決も注目を集めた。パイレーツ・筒香は「4番・一塁」で先発出場。初回の第1打席は遊ゴロ、4回の第2打席は二ゴロに倒れた。6回の第3打席は空振り三振、第4打席は二ゴロとこの日は4打数ノーヒット。かつては共にチームの主軸を務め、侍ジャパンでも「4番」を務めたスラッガーどうしの対決は今後も注目を集めそうだ。






・今すぐ読みたい→
巨人・中田に「もう少しやってくれないと」 名指しムチ入れの裏に指揮官の「あの思い」とは
新庄ハム 「中4日構想」に疑問の声 脳裏に浮かぶ「あのチームの失敗」とは
因縁の対決再び、朗希の次戦はビッグボス打線 再び踏み台とするのか、奇策が待つのか

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧