「箱根駅伝はナイキのためにあるのか」-厚底シューズ狂想曲を追う

タグ: , , 2020/1/3

 「なんでみんな同じシューズを履いているんだ!」

 1月2日、朝8時。往路のスタートの瞬間から、日本列島に衝撃が走りました。

・今すぐ読みたい→
箱根駅伝にフリーザ様降臨、今年はあの話題のヒット曲で・・・(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/hakone-ekiden-appearance-information/)


 お正月の風物詩といえば箱根駅伝。実家でコタツに入り、片道107・5キロのたすきをつなぐ若者たちを見つめていると、特に根拠なく「今年も頑張ろう」と思うものです。

 娯楽の多様化が進む現代においても、視聴率は常に20%を超える人気コンテンツ。それゆえに「広告宣伝媒体」としても破格の効果が見込まれます。入試出願シーズンを前にした大学サイドは沿道にノボリを立てて、活力あふれるブランド力をアピール。ジョギング人気も高まる中、スポーツメーカーは何とか自社のシューズを使ってもらおうと営業担当者が日々、必死に汗を流しています。

 しかし、ふたを開けてみればまさかの「ナイキ1強」。往路では実に80%を超えるランナーが、ピンクと、水色&オレンジの左右非対称の厚底シューズで勝負に挑む結果となったわけですから、他のスポーツメーカーとしては心中、穏やかではありません。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧