300盗塁を記録した日本ハム・西川、原動力となったあの先輩とは

タグ: , , 2021/8/30

 日本ハム・西川遥輝外野手(29)が27日に行われた西武戦(メットライフドーム)で史上30人目となる通算300盗塁を決めた。


 
 2点リードの8回一死一、三塁で今季13個目の盗塁に成功。通算300盗塁を達成した瞬間だった。ベース上で花束を受け取った西川は「長いこと(達成時に授与される記念の)パネルを遠征に持ち歩いてもらって、チームに申し訳なかった」と冗談交じりに語りながらも、「(盗塁は)減らない数字なんでね。積み重ねていければ」とさらなる活躍を誓った。

 20代での記録達成には栗山監督も「本当に20代での記録はすごいけど、ハルキならもっと加速できるので、ここからまた走ってほしいね」とその活躍をたたえた。

 若くして金字塔を達成した西川だが、自慢の足には他球団捕手とのし烈な駆け引きも影響していた。中でも好敵手と認めるのは、ソフトバンク・甲斐。今や「甲斐キャノン」としてその強肩は知られ、東京五輪では打撃でも存在感を発揮し、攻守にわたって、金メダル獲得に貢献した。同学年でもある甲斐に関しては「(甲斐)拓也からの盗塁は嬉しいし、いい盗塁だったなと思うところはあります」とキッパリ。

・今すぐ読みたい→
楽天が「明桜・風間」ドラ1候補明言で断ち切りたい「負の歴史」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/eagles-negative-draft-history/






 何より身近な先輩が自身の力を引き上げてくれたと感じている。日本ハムからオリックス、その後阪神に移籍した糸井について西川は「僕のライバルは糸井さんだった」と明言。投手から野手に転向しながら、その超人的な体力、センスで野手としての道を切り開いてきた先輩を尊敬。切磋琢磨することで、自身もスピードスターとしての道を切り開いていったと認める。背番号も糸井がつけていた「7」を望んで継承。その糸井も節目の300盗塁まで昨年からあと一つと迫りながら、なかなか到達できないでいる。

 自身のツイッターを更新し「はるきー!!おめでとう 祝 一個わけてほしい・・・」と独自のユーモアセンスたっぷりに愛する後輩に祝福コメントを送った。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP CoCoKARAnextでプロ野球観戦が100倍面白くなるオンライン野球居酒屋が開店! 今回は巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんが登場! 9/26(日)の巨人vs阪神の伝統の一戦を鈴木さんがお酒を呑みながら楽しくオンライン生解説!

プロ野球のレジェンドの解説や裏話を聴きながら野球観戦ができるオンライン居酒屋が開店! パソコンやスマートフォンがあれば自宅があっという間に野球居酒屋に大変身! レジェンドもお酒を呑んでるので質問なども気軽にお答えしちゃいます! 普段の解説では聞けない裏話もお酒の力で飛び出ちゃうかも? お酒好きな方もお酒が呑めない方も両方楽しめるオンライン野球居酒屋、ぜひお楽しみください!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧