「あれは辻さんが悪い」93年日本シリーズで起きた死球事件の顛末を橋上秀樹氏と荒木大輔氏が振り返る

タグ: , , , , , , 2022/2/15

 プロ野球界の一流指導者たちが出演し、野球ファンの間で話題になっている、ヤクルトスワローズなどで活躍し、引退後は楽天、巨人、西武、ヤクルトさらには侍ジャパンでコーチを務めた現・BCリーグ新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ監督の橋上秀樹氏が自身でおこなっているYouTubeチャンネル「橋上秀樹アナライズTV」。

今回のゲストは現役時代ヤクルトで活躍し、引退後は西武、ヤクルト、日本ハムでコーチを務めた荒木大輔氏。

93年の日本シリーズのエピソードを振り返りながら、現役時代の荒木氏の投球スタイルについて語られた。

【動画】荒木大輔氏が語る、93年の日本シリーズのデッドボールはどっちが悪い?土橋正幸のとんでも采配!
・今すぐ読みたい→
荒木大輔氏が語る今季の日本ハム「こいつらなんとかならないかな、と」新庄BBへは「意外と大丈夫」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/hidekihashigami-daisukearaki-06/



93年に行われたヤクルト対西武の日本シリーズ。この試合に荒木氏と橋上氏の両者はヤクルトの中心選手として出場し、対戦相手には現在、埼玉西武ライオンズ監督を務める辻発彦氏が出場していた。

その初戦に先発した荒木氏はいきなり初回に、2つの死球を与えてしまう。まさにそのうちのひとりが辻氏だった。
西武で指導者を共にやった経験のある橋上氏によると、当時の事を辻監督は「荒木は平気な顔して当ててくるんだよ」とわざと当てられたと思っていたことを明かした。

これには当事者の荒木氏も

「違うんだよ、逃げなかったの向こうが。打席の一番前に立って、下がらないからぶつかる。しょうがないじゃん。それはバッターとピッチャーの感覚だから。どっちが良い悪いじゃない」

と語り、あくまでインコースを厳しく攻めた結果であって、故意ではないことを主張しながらも、最終的には避けなかった辻監督が悪いと結論付けた。





しかし、荒木氏の強気な投球スタイルによって死球を当てられた辻監督も、「(荒木)大輔の顔を見てたら怒るに怒れなかった。かわいい顔してるから、怒りがおさまる」と語っていたことを橋上氏は明かし、先輩にも好かれる選手だったことが垣間見えた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧