「なんでこんな下手な選手がユニホーム着ているのに・・・」荒木大輔氏×橋上秀樹氏対談 4年のリハビリと復帰登板を振り返る

タグ: , , , , 2022/2/15

 プロ野球界の一流指導者たちが出演し、野球ファンの間で話題になっている、プロ野球東京ヤクルトスワローズなどで活躍し、引退後は楽天、巨人などでコーチを務めた現・新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ監督の橋上秀樹氏のYouTubeチャンネル「橋上秀樹アナライズTV」。

チャンネル4人目のゲストとして、現役時代ヤクルトで活躍し、引退後は西武、ヤクルト、日本ハムでコーチを務めた荒木大輔氏が登場。

今回は自身が現役時代に体験した壮絶なリハビリ時代の話、そしてそこから復帰した92年の復帰登板についてのエピソードが語られた。

【動画】荒木大輔氏が語る92年の復帰登板。古田も感じたヤクルトの生まれ変わった瞬間とは?
・今すぐ読みたい→
荒木大輔氏が語る今季の日本ハム「こいつらなんとかならないかな、と」新庄BBへは「意外と大丈夫」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/hidekihashigami-daisukearaki-06/

「復帰が厳しいとは全然思わなかった」


エースとしてチームを支えていたヤクルト 時代。荒木氏は右肘の痛みによりトミー・ジョン手術を受けた。

そこからのリハビリ期間は実に4年。当時のリハビリ期間について荒木氏はこのように振り返る。

「当時、(ファーム施設のある)戸田でずっと走らされていましたね。それしかやることがなかったので。グラウンドにも入れてくれない時期もありました。あれはたまんなかったですね。あの頃は今みたいにリハビリ担当がいるわけでもなく、1人だったので大変でしたね」

4年の月日の間には、続々と若手の台頭もあった。そんな中で荒木氏は自身の復帰について、どのように考えていたのだろうか。





「復帰が厳しいとは全然思わなかったですね。戸田で周りでやっていたヤクルトのユニホームをきてる選手が、下手だったんですよ、どう見ても。なんでこんな下手な選手たちがプロ野球のユニホームをきてやっているのに、俺はこんなことをやっているんだろうと思っていましたね。だから、ちょっと投げられるようになったら、絶対いけると思ってやっていました」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧