巨人・原監督の「俺は打てる捕手が好き」発言で最後通告を受ける「あの選手」とは

タグ: , , , 2022/2/10

 チームの大きな課題とされる正捕手問題にいよいよ号砲が鳴った。

 巨人・原辰徳監督(63)は11日に行われる紅白戦を前に正捕手に関して「捕手は横一線でやってもらう」と言及。大城、小林に加え、プロ5年目の岸田、プロ2年目の喜多、さらに3年目の山瀬の名前を挙げながら、5人を対象に、あくまでゼロベースで起用を考えていくと語ったのだ。

・今すぐ読みたい→
巨人・丸を「がけっぷち要員」に追い込む「あの刺客」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yoshihiromaru-stand-on-the-edge-02/



 背景には近年、なかなか正捕手が育たないことへの危機感がある。昨季は大城が95試合、小林が27試合に先発と主に2捕手が起用されたが、いずれも、リード、打撃面などに課題が指摘されている。

 そんな中、原監督はさらに正捕手に求める条件についてもこう言及した。

「守れればいいということを、もしキャッチャーの人たちが思っていたら、それはちょっと違うね。俺は打てるキャッチャーが好きだから」とキッパリ。続けて、正捕手育成にはあくまで時間がかかることを考慮しながらも「けれども、(レギュラーを)取る時にはパンッと取らなきゃダメですよ。慎之助なんかすぐ取ったよ。ジャイアンツ、あるいは歴代のキャッチャーというのは、力のある人がパッと取りますよ」と続けた。





 今季から一軍に合流した阿部慎之助作戦兼ディフェンスチーフコーチは、中央大学からドラフト1位入団した翌年、新人捕手ながら開幕スタメンを勝ち取ったことでも知られている。打撃でも2012年には首位打者、打点王、MVPを獲得とまさに強打の正捕手として攻守にわたって長年チームを牽引してきた歴史がある。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧