【プロ野球】「キャッチャーを見るよりも権藤さんを見ていた」阿波野秀幸氏&西崎幸広氏が明かす、球界サイン事情とは

タグ: , , , 2022/2/15

 「球春到来」からおよそ2週間。プロ野球春季キャンプは、各チーム、選手たちによる激しいレギュラー争いが繰り広げられている。

そんな中、スポーツアンカー・田中大貴さんのYouTubeチャンネル「アスリートチャンネル」では、ゲストに近鉄、巨人、横浜で活躍した阿波野秀幸氏と、日本ハム、西武で活躍した西崎幸広氏が登場。

現役時代にあった様々な「サイン事情」について明かされた。

【動画】阿波野秀幸氏、 西崎幸広氏が語る「名将がやってたのバレてた件について」
・今すぐ読みたい→
荒木大輔氏が語る今季の日本ハム「こいつらなんとかならないかな、と」新庄BBへは「意外と大丈夫」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/hidekihashigami-daisukearaki-06/

複雑なサイン事情


まず阿波野氏の口から明かされたのが、横浜時代の監督・権藤博氏の話題だ。

権藤氏といえば、柔軟な起用で1998年にチームを日本一に導いたことも広く知られているが、サインに関しても主要部分は正捕手に任せながら、要所で自ら出していたという。

「権藤さんは、ベンチからキャッチャーに向かって球種のサインを出してました。ただ、相手チームにそれがバレちゃう時もあったんですけどね。ベンチから出るサインって1番簡単なんですよね。ダイエーのコーチ時代なんかはすぐバレていましたね」

横浜監督以前に務めたダイエーの一軍投手コーチ時代にはほとんど権藤氏がサインを出していたという。

これに対し、当時対戦相手だった西崎氏は、

「キャッチャーを見るよりも、権藤さんを見ていました。あ、インサイドだ、みたいな。キャッチャーがみんな権藤さんを見ながらサインを出していましたから。おかしいなって思いながら見ていましたね」

と、敵チームだけに相手のサイン事情について細かく観察していたことを明かした。





一方、西崎氏は、日ハムの特殊なサイン事情についても告白。

「日ハムの頃は、指で表す数字でサインを出していました。1をやりながら腕を上にやったり、3をやりながら右に出したり。ああいうのって、僕らピッチャーは知らないんですよ。野手のミーティングには出ないので。なので、あれなんだろうって、僕らも一緒にサインを考えていましたね(笑)」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【関西ダービー観戦イベント@6/10オリックスvs阪神】YouTuber『Bモレル』と日本一の投手コーチ『佐藤義則』が全力でファンと交流!野球観戦バー「サークルチェンジ」と「CoCoKARAnextオンライン野球居酒屋」が共同でリアル&オンライン野球イベントを開催!

野球観戦バー「サークルチェンジ」で人気YouTuber「Bモレル」さんとダルビッシュ、マー君を育てた日本一の投手コーチ「佐藤義則」さんがファンの方とお酒を飲みながらオリックスvs阪神戦をその場で解説しながら楽しく観戦! 飲み放題付きチケットだからとってもお得!2人と一緒にお酒を飲みながら大いに盛りがろう! お店に来れない人のためにこちらの模様をZOOMでも生配信!お店で一緒に観てる感覚がお家でも味わえる! またオンラインで参加の方限定で直接会話ができて二人のサインももらえるチケットも販売中!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧