井上尚弥の「カラダの強さ」の秘密を大橋会長が独白!松坂大輔との共通点も

タグ: , , , 2022/6/6

井上のターニングポイントとなった2試合について、大橋会長が語った。(C)Getty Images

 22戦22勝19KOという驚異の成績で世界を席巻する、WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者の井上尚弥。WBS同級王者ノニト・ドネアとの3団体統一戦に挑む、この男の強さの秘密はどこにあるのか。日本が誇る“モンスター”の「心技体」について、井上の所属ジム会長で、現役時代は「150年に1人の天才」と言われた元世界チャンピオン・大橋秀行氏が、2017年に語ったエピソードを改めて振り返る。

【関連記事】「バンタムの身体じゃない!」決戦直前の井上尚弥が披露した“鋼のボディ”にファン歓喜!「筋肉密度が上がってる」

 ボクサー・井上として「体の強さを証明するのはどこか?」と聞かれれば、私は真っ先に下半身の強さを挙げます。

 俊敏なフットワークが求められるボクシングにおいて、下半身に筋肉が付きすぎるのは良くないとされ、「足が細い方が良い」といった定説がありました。

 ですが、井上は普段のロードワークに加え、車押しといった下半身を鍛えるメニューを積極的に取り入れています。だから、太ももががっしりしている。にもかかわらず、試合ではスピード感溢れるボクシングを披露してくれているわけです。井上はいわば、肉体的にもボクシングの概念を覆してくれた選手なのです。

 実際、ボクサーにとっても下半身の強さは重要です。力強いパンチを打つためには、やはり強靭な下半身から上半身に効率よく力を伝えなければなりません。

 野球のピッチャーが良い例でしょう。速いボールを投げるためには、腕の力だけではなく下半身の動きも重要になるのと同じです。

 私の母校である横浜高校ボクシング部には、こんな逸話があります。全国的にも名門と呼ばれる野球部と同じ合宿所で、彼らがたまに遊びに来てサンドバックをパンチすると、ボクシング部の誰よりも破壊力があった。

特にピッチャーは群を抜いていました。あるOBが言うには、「歴代の横浜高校で一番パンチ力があったのは松坂大輔だった」と。高校時代にエースとして春夏連覇の原動力となり、「平成の怪物」と日本中から注目を集めたピッチャーですから、その話を聞いた際には、違和感なく納得したくらいです。

 野球には重量制限がないため比較しきれない部分があるでしょうが、ピッチャーが強いパンチが打てるということは、それだけ強靭な下半身が備わっているからです。したがって、下半身を鍛えている井上のパンチが強力なのも当然であり、「パワーの源」と断言してもいいでしょう。

 下半身の強さは子供の頃から続けている練習の賜物なのかもしれませんが、プロになってからの井上は徐々に自分の体への意識が高まっていることも事実です。





「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【攝津正野球イベント開催!】元沢村賞投手『攝津正』とYouTuber『Bモレル』が全力でファンと交流!野球観戦バー「サークルチェンジ」と「CoCoKARAnextオンライン野球居酒屋」が共同でリアル&オンライン野球イベントを開催!

野球観戦バー「サークルチェンジ」で元沢村賞投手の攝津正さんと人気YouTuber「Bモレル」さんがファンの方とお酒を飲みながらロッテvsソフトバンク戦をその場で解説しながら楽しく観戦! 飲み放題付きチケットだからとってもお得!2人と一緒にお酒を飲みながら大いに盛りがろう! お店に来れない人のためにこちらの模様をZOOMでも生配信!お店で一緒に観てる感覚がお家でも味わえる! またオンラインで参加の方限定で直接会話ができて二人のサインももらえるチケットも販売中! (こちらはオンラインでの参加の方のみとなります!)

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧