巨人・菅野が史上最高俸の8億円で更改 日本人メジャーリーガーの桁違いの最高俸は?

タグ: , , , , 2021/1/15

 巨人・菅野智之投手が14日、契約更改交渉に臨み、日本球界史上最高俸となる推定年俸8億円で契約を更改した。ポスティングシステムでの大リーグ移籍を目指していたが、交渉期限内に交渉はまとまらず。巨人は複数年契約を用意していたが、順当ならば今季中に海外FA権を取得見込みで、来オフのメジャー再挑戦を見据えて1年契約を選んだ。

・今すぐ読みたい→
巨人退団後に大化けした選手たち https://cocokara-next.com/athlete_celeb/players-who-succeeded-after-leaving-the-giants/



 日本球界最高俸は、これまではロベルト・ペタジーニが巨人と2003年から結んだ2年契約での、年俸7億2000万円とされていた。日本選手に限れば、佐々木主浩が2004、2005年に横浜と結んだ年俸6億5000万円が最高俸とされ、昨季まで2年間の菅野はそれと同額だった。

 8億円というインパクトのある金額に、ネット上も騒然。多くのファンがさまざまな感想を口にした。ただし、実は上には上がいる。日本選手最高俸となると、海の向こうのメジャーリーグはやはり桁違いとなる。

 歴代日本人メジャーリーガーで、最高俸とされているのが現在パドレスに所属のダルビッシュ有。2017年オフ、ドジャースからFAとなったダルビッシュはカブスと6年総額1億2600万ドル(約131億円)の大型契約を結んだ。この長期契約は年俸が6年間均一に割られるものではなく、シーズンごとに細かく区分けされていた。

 その内訳は、1年目の2018年は年俸2500万ドル。以下、2019年が2000万ドル、2020年が2200万ドル、2021年が2200万ドル、2022年が1900万ドル、2023年が1800万ドルとなっている。





 この1年目2018年の年俸2500万ドル(約26億円)。これこそが日本人選手の歴代最高俸として今も残る記録である。

 なおダルビッシュはこのオフ、カブスからパドレスへトレードされた。トレードの場合、原則的に前所属球団が結んでいた契約をそのまま引き取る。よってパドレスは今年2021年が2200万ドル、2022年が1900万ドル、2023年が1800万ドルで3年総額5900万ドルをダルビッシュに支払う。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧