今季を最後にF1活動終了のホンダがモナコGPで有終の美 アイルトン・セナ以来29年ぶりの優勝!

タグ: , , , , 2021/5/24

 ホンダが29年ぶりに伝統のモナコGPで優勝を遂げた。23日に行われたF1第5戦モナコGPでレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(23)=オランダ=がトップでチェッカーを受け、同GP初勝利を飾った。

モナコGPのスタートシーン。フェルスタッペンがトップを奪った(ホンダ提供)

・今すぐ読みたい→
日本人美少女レーサー・Juju「F1で優勝するのが目標」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/japanese-racer-juju/



 ホンダにとってはモナコを制したのは1992年のマクラーレンのアイルトン・セナ以来だ。今季を最後にF1活動を終了することを発表しており、ホンダのエンジンを積んだマシンがモナコを走るのもこれが最後。有終を飾るレースにもなった。

 「伝統のモナコGPでレッドブル・ホンダのフェルスタッペン選手とともに優勝を果たすことができたことを、本当にうれしく思っています。世界3大レースのモナコGPで勝利を挙げられたことは、ドライバーにとっても我々にとっても特別な想いがあります」。ホンダの山本雅史マネジングディレクターも喜びのコメントを出した。

 シリーズ争いでも動きがあった。フェルスタッペンは第2戦エミリアロマーニャGP(伊イモラ)以来の今季2勝目をマーク。ポイントリーダーだったメルセデスのルイス・ハミルトン(英国)が7位と振るわなかったことで、シリーズポイントで4点を上回り、自身初めてランキングトップに浮上した。

 チームメートのセルジオ・ペレス(メキシコ)も4位に食い込み、コンストラクター(製造者)争いでもレッドブル・ホンダがメルセデスを抜いて初めて首位を奪取した。ちなみの点差はわずか「1」。ホンダがシリーズ争いでトップとなるのはマクラーレンと組んでいた1991年以来30年ぶりだ。





 ホンダの田辺豊治テクニカルディレクターは今回の勝利を「フェルスタッペン選手とレッドブル・ホンダのマシン、ストラテジー(戦略)、そして、ホンダのパワーユニットがきちんと機能しました」。予選ではフェラーリのシャルル・ルクレール(モナコ)が最速タイムを奪ったが、決勝直前にドライブシャフトに不具合が見つかり、出走を断念。2番グリッドを獲得したフェルスタッペンが事実上のポールポジションとなり、スタートからレースの主導権を握り、メルセデスとの直接バトルもなく、無風のままゴールを駆け抜けた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧