「このマシンはくそ信じられない!」F1・角田裕毅が不適切発言を謝罪

タグ: , , 2021/5/10

 アルファタウリ・ホンダの角田裕毅(20)がマイナスの側面で注目を集めてしまった。F1第2戦スペインGPの予選中やセッション後に不適切な発言をしたことを自身のツイッターなどを通じて謝罪した。

アルファタウリの角田裕毅(ホンダ提供)

・今すぐ読みたい→
F1デビューの角田裕毅に各方面から称賛の声「日本だけでなく、レッドブルにとっても角田は救世主になるかもしれない」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yukitsunoda-be-praised/



 「本日のコメントについて謝罪したかった。週末の全てで素晴らしい仕事をしてくれているチームを批判しようという意味はなかった。自分のパフォーマンスにイライラしただけなんだ。明日(9日)は全開でいく」と弁明した。

 8日の予選はQ1(第1ラウンド)で敗退し、痛恨の16番手。予選中の無線では放送禁止用語を交えて「このマシンはくそ信じられない」と怒りまくり、予選後には欧州メディアのスカイF1の取材に「いつもチームメートと比べると異なるフィードバックになっている。それが正反対のことだってある。同じクルマなのか少しクエスチョンマーク。もちろん、同じクルマなのだけれどもマシンのキャラクターが全く異なるんだ」とチーム内の自身が置かれている事情を説明した。

 角田は2019年から欧州で武者修行しており、語学力は申し分ないと信じているが、これは他者からみれば、明らかにチームを批判する発言で秘密の暴露にもなる。現役時代にホンダのワークスチームにも所属した元F1王者のジェンソン・バトンさん(41)も欧州メディアの取材に「彼は怒りを少しコントロールしないといけないと思う。選手がこの類いを口にすることをチーム側は嫌う。もしチームメートと異なるのであれば、公の場でないところでチームと議論するべきだ」と角田を叱責(しっせき)した。





 F1ドライバーに必要なことはチームスタッフへの思いやりを含めたチームワークだ。現役F1王者のルイス・ハミルトン(メルセデス)も優勝インタビューでは必ず裏方として支えてくれたチームメンバーへの感謝の思いを欠かさず口にする。歯に衣着せぬ発言はマスコミ側にはありがたいかもしれないが、今回のように自滅を招くだけ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧