F1デビューの角田裕毅に各方面から称賛の声「日本だけでなく、レッドブルにとっても角田は救世主になるかもしれない」

タグ: , , 2021/4/5

 F1デビュー戦で9位入賞を果たしたアルファタウリ・ホンダの角田裕毅(20)に対して各方面から称賛の声が上がっている。ベネトン、フェラーリ時代に王者ミハエル・シューマッハー(ドイツ)の名参謀を務めたF1運営会社のロス・ブラウン・マネジングディレクター(MD)はF1公式サイト内のコラムで「ここ数年のF1の中では最高のルーキー。見事な戦いぶりを示した」と最高ランクの評価をつけた。

デビュー戦9位入賞を喜ぶ角田裕毅(ホンダ提供)

・今すぐ読みたい→
F1・角田裕毅が日本人初となるデビュー戦入賞「フェルナンド・アロンソをパスした瞬間・・・」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yukitsunoda-f1-first-round-prize/



 開幕戦バーレーンGP(3月28日決勝)ではタイヤ戦略でギャンブルを仕掛けたのが裏目に出て予選は13番手だったものの、決勝ではアルピーヌのフェルナンド・アロンソ(スペイン)、アルファロメオのキミ・ライコネン(フィンランド)、アストンマーティンのセバスチャン・ベッテル(ドイツ)のタイトル経験者らを相手に次々とオーバーテークを仕掛け、9位でゴール。日本人初のデビュー戦入賞を果たした。

 今季はシューマッハーの長男のミックと、ロシア人のニキータ・マゼピンの新人2人もハースからデビューを飾ったが、16位&リタイア。新人がデビュー戦で入賞するのは2016年に当時マクラーレンに所属したストフェル・バンドーン(ベルギー、10位)以来、5年ぶりだ。

 ブラウンMDは「彼がレッドブルで登用されたことは素晴らしい一手のようにみえる。鈴鹿のグランドスタンドを埋め尽くす輝かしい日々と日本のファンの情熱を思い起こすができる」とすかさず有望視した。





 彼の発言は説得力がある。フェラーリを離脱した後もホンダ、ブラウンGP、メルセデスとチーム代表を務めるなど数多くのドライバーの力量を身近で見てきただけに「角田とは開幕戦で初めて会ったが、印象的なキャラクターの持ち主。非常に愉快なやつだし、ドライブ中の彼の言葉も際どくて面白い」とも振り返った。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧