「正直、突破できると思っていなかった」スペイン下した日本代表の大金星&首位通過に本田圭佑も歓喜!「全部を覆したのは、称賛されるべき」

タグ: , , , , , , 2022/12/2

(C)Getty Images

 カタール・ワールドカップのグループE第3節の日本対スペインが現地時間12月1日、ハリファ国際スタジアムで行われ、日本は堂安律と田中碧のゴールで逆転勝利。グループ成績を2勝1敗の勝点6とし、首位で決勝トーナメント進出を果たした。

 初戦のドイツ戦に続く、ワールドカップ優勝国からの金星だ。

【動画】日本代表がスペインに逆転勝利で首位通過!歓喜爆発した堂安律、田中碧のゴールをチェック!






 決勝トーナメント進出がかかる大一番で、日本はGKに権田修一、3バックは谷口彰悟、吉田麻也、板倉滉、2ボランチは守田英正と田中碧、ウイングバックは左に長友佑都、右に伊東純也、2シャドーは鎌田大地と久保建英、1トップに前田大然というスタメンを並べた。

 勝てば文句なしでグループ突破が決まる日本は、立ち上がりからアグレッシブな守備でスペインに圧力をかけ、8分には高い位置で奪って伊東のシュートで攻撃を終える。しかし11分、アスピリクエタのクロスからモラタにヘディングシュートを許し、スペインに痛い先制点を与えてしまった。

 ここから日本は我慢が続き、前半は得点を奪えないまま0-1で折り返した。

 後半は開始から長友に代えて三笘薫、久保に代えて堂安律を投入。すると直後の後半4分、高い位置からの守備で伊東がボールを奪い、最後は堂安が豪快なミドルでスペインゴールを打ち抜く。

 さらに後半6分には右サイドからの堂安のクロスをファーサイドの三笘がラインギリギリで折り返し、ゴール前に詰めた田中が押し込む。日本の逆転弾となったこのゴールはVARでチェックが入るも、検証の結果ゴールと認められ、スタジアムに歓喜が走った。

 残りの時間は、我慢の連続だった。最終盤には田中に代えて遠藤航を投入して守備の強度を上げる。さらに権田の好セーブもあり、アディショナルタイムの7分も耐えしのいでタイムアップの笛を聞いた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧