大谷、ダルは別格!? 総じて低調で瀬戸際に立たされている日本人メジャーリーガーたち

タグ: , , 2022/6/2

(C)Getty Images

 エンゼルス・大谷翔平は29日のブルージェイズ戦で今季2度目のマルチ本塁打をマーク。10、11号を連発し、今季は「飛ばないボール」に苦しみながらも奮闘している。だが、他の日本人大リーガーは軒並み苦闘を余儀なくされている。

【関連記事】巨人・「増田陸株」急上昇の裏で追いこまれる「あの選手」とは

 4月の月間最優秀新人に選ばれるなど、華々しいデビューを飾ったカブス・鈴木誠也だが、強烈な逆噴射で急失速。ここまで41試合で打率・245、4本塁打、21打点、3盗塁の数字は満足のいくものではない。

 さらに26日のレッズ戦では、盗塁した際に左手薬指を負傷。そこから欠場が続いており、30日には10日間の負傷者リスト(IL)入りしてしまった。27日にさかのぼっての措置になり、復帰は早くても6月6日以降となる。

 開幕4番としてメジャー3年目をスタートさせたパイレーツ・筒香嘉智は打撃不振が続き、いつ戦力外として40人枠を外されてもおかしくない瀬戸際に追い込まれている。

 今季は35試合で、自身ワーストに近い打率・177、2本塁打、15打点。27日には腰の筋肉損傷を理由に10日間のILに入れられた。25日にさかのぼって適用され、こちらは復帰は早くて6月4日以降だ。

 昨季はレイズ、ドジャースと転々とするも振るわず、パイレーツ移籍後に43試合で打率・268、8本塁打、25打点とようやくメジャーに適応する兆しをみせた。パイレーツもそこに期待し、年俸400万ドル(約5億円)の1年契約で残留オファーし、いよいよ真価が問われる大事なシーズンだった。

 レッドソックス・沢村拓一も苦しい状況が続いている。今季はチームで5番目に多い19試合に投げ、0勝1敗、防御率3・18。数字上の見栄えはそう悪くはないが、いわゆる敗戦処理に近く、勝ちパターンの救援陣には入っていない。28日には再調整のため、傘下3Aのウースターに降格。首脳陣の信頼が薄いことは明白で、故障以外でのマイナー行きはメジャー2年目で初めてだった。

 チームに新型コロナウイルスに関するIL入りした投手が出たため、わずか2日でメジャー復帰して、30日のオリオールズ戦に早速登板したが、0-4の5回途中というビハインドでの場面。2回を無安打無失点に抑えたのだが、評価が急変することはなく、置かれた立場は厳しいままだ。





「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【攝津正野球イベント開催!】元沢村賞投手『攝津正』とYouTuber『Bモレル』が全力でファンと交流!野球観戦バー「サークルチェンジ」と「CoCoKARAnextオンライン野球居酒屋」が共同でリアル&オンライン野球イベントを開催!

野球観戦バー「サークルチェンジ」で元沢村賞投手の攝津正さんと人気YouTuber「Bモレル」さんがファンの方とお酒を飲みながらロッテvsソフトバンク戦をその場で解説しながら楽しく観戦! 飲み放題付きチケットだからとってもお得!2人と一緒にお酒を飲みながら大いに盛りがろう! お店に来れない人のためにこちらの模様をZOOMでも生配信!お店で一緒に観てる感覚がお家でも味わえる! またオンラインで参加の方限定で直接会話ができて二人のサインももらえるチケットも販売中! (こちらはオンラインでの参加の方のみとなります!)

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧