巨人・「増田陸株」急上昇の裏で追いこまれる「あの選手」とは

タグ: , , 2022/6/2

 巨人の若武者、増田陸内野手(21)が存在感を示している。

 巨人は1日に行われたソフトバンク戦(東京ドーム)に3ー6と敗れた。苦手意識が消えないソフトバンク相手に苦戦しているが、そんな中でも「6番・一塁」で先発出場した増田陸は2号ソロを含む2安打1打点と気を吐いた。

【関連記事】大谷、ダルは別格!? 総じて低調で瀬戸際に立たされている日本人メジャーリーガーたち

 ゲームは先発のドラフト3位ルーキーの赤星が4回3分の1を6安打6失点KOと試合を作ることができず、5回までに5点差をつけられる一方的な展開となった。

 そんな中でも少しでもやり返す姿勢を見せたのはこの日、初の6番起用となった増田陸だった。4点を追う7回に東浜のシンカーを捉え、左翼席へ飛び込む2号ソロを放つと、9回2死で回ってきた第4打席でも左前打とマルチ安打を記録。前日5月31日の同戦から、打順も一つ上がったが、見事、首脳陣の期待に応えた。

 原監督は必死にアピールを続ける増田陸に関して「打席も内容が良かったし、最後もああいう場面でヒットが出ているのは、やっぱり、いいですね」と高く評価した。前日の試合でも守護神のモイネロからヒットを打ち、「初球の真っすぐも振りに行けて、あのカーブをヒット打つわけだから。大したもんだね」と指揮官に称賛されていた。

 ここにきて、一塁での出場を続けている増田陸に関してはこんな声もある。

 「遊撃の中山といい、チームが急速に若返りを図っていることを強く感じる起用。守備に関してもフットワーク軽く、打撃でこのように続けていい内容を出せれば、首脳陣の目もいよいよ変わってくる」(球界関係者)





「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧