日本の独立リーグ入りを決めた田澤純一の功績と今後の「田澤ルール」について

タグ: , 2020/7/15

[遂に開幕。プロ野球2020・ドコモなら月額980円(税抜)で見放題・初回31日間無料]

 メジャーのレッズ傘下マイナーを退団していた田澤純一投手が、日本の独立リーグのルートインBCリーグ・埼玉武蔵に入団することが、13日に発表された。

・今すぐ読みたい→
逃した魚は大きかった?!ドラフト「外れ1位」選手の活躍を追え! https://cocokara-next.com/athlete_celeb/miss-1st-place-in-draft/

 メジャーでは日本投手歴代3位となる388試合に登板した。昨年はメジャー登板こそなかったものの、マーリンズに在籍した2017年には年俸700万ドル(約7億7000万円)もの高給を手にしていた。それが平均月給15万円ともいわれる、日本の独立リーグから再起を図る、というのである。

 反響の大きさは、世に知られる「田澤ルール」の存在も相まって広がっていった。

 田澤ルールとは「アマチュア選手がNPBのドラフト指名、もしくはNPB入りを拒否し、海外球団と選手契約を結んだ場合、海外球団を退団した後も大卒・社会人は2年間、高卒は3年間はNPB所属球団との契約を禁止する」というもの。これにより田澤は、少なくとも来季いっぱいまではNPBでプレーすることができない。

 ルール自体、田澤がメジャー挑戦を表明した2008年につくられたもので、あくまで12球団間での申し合わせ事項にすぎない。日本人選手の青田買いを防ぐためのものなのだが、少々感傷的な批判が目立つのも事実だ。





 まず田澤の日本の独立リーグ入り、というショッキングなニュースと同時に注目され、批判が強まった。ただし、田澤ルール以前の原則として、田澤がNPBでプレーするには最低限でもドラフト指名を経なければならない。これは田澤に限った話ではなく、例えばメジャー帰りだったマック鈴木や多田野数人らも、同じ原則に従っている。来季以降の話はともかく、少なくとも今シーズンに限って言えば、渡米時のいきさつを抜きにしても田澤にはNPBでプレーする資格がなかった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧