清原「男気」人命救助だけじゃない!ジャイアン、ナベQ、パンチ・・・プロ野球選手お手柄ファインプレー集

タグ: , 2022/2/27

 西武、巨人、オリックスでプレーした「球界の番長」こと清原和博氏(54)が23日、中日キャンプ訪問のため滞在していた沖縄で人命救助に一役買った。那覇市内を車で移動中、交通事故現場に遭遇。乗用車とバイクの接触で倒れていた男性を救出し、雨のなか交通整理を行い、救急車で搬送されるまで見守った。

・今すぐ読みたい→
日本ハム・新庄監督の「職場放棄」が話題に 「相手監督に失礼」の声も https://cocokara-next.com/athlete_celeb/tsuyoshishinjo-workplace-abandonment/



 16年に覚醒剤取締法違反の罪で実刑を受け、薬物依存から再起を図るなかでのファインプレーだった。過去にも人助けをしたことがある。巨人時代の04年に、自宅マンション入り口でうずくまっていた女性を愛車で病院へ搬送。のちに、妊娠していた音楽ユニットCHEMISTRY(ケミストリー)堂珍嘉邦の夫人だったことが判明した。

 ほかにも、プロ野球選手の「お手柄」は多い。ファンなら1度は聞いたことがあるビッグネームの好プレー集を集めてみた。

◆山﨑武司「猛火とびこみ赤ちゃん救出」

 怖いものなしの言動と、自身の名前から「球界のジャイアン」と呼ばれた山﨑武。中日時代の90年、愛知県知多市内の精肉店で火事に遭遇した。「助けて」の声を聞いて猛火のなかに飛び込み、逃げ遅れた83歳住民や乳児らを抱きかかえて救出。「煙がすごくて死ぬかと思った」という、まさに〝火事場の馬鹿力〟だった。のちにセパ両リーグで本塁打王を獲得するなど大ブレーク。





◆渡辺久信「おぼれたおばあちゃん救助」

 黄金時代の西武で最多勝を3度マークし「ナベQ」の愛称で親しまれた渡辺。台湾プロ野球でプレーした嘉南勇士時代の00年、大雨による洪水に遭遇した。冠水した道路で流される寸前だった高齢女性を発見し、おんぶして救助。安全な場所まで運び「水が胸の高さまであった。危なかった」。困っていたら、ほうっておけない性格。26年ぶりBクラスからの再建を任された西武の監督としても就任1年目に優勝、日本一を達成した。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧