「大谷翔平はキャッチャー泣かせのバッター」川崎宗則氏&西岡剛氏が語るその理由とは

タグ: , , , , , 2022/2/25

 昨シーズン、数々の偉業をなし遂げ、日本のみならず世界中の野球ファンを圧倒したエンゼルス・大谷翔平。

ア・リーグMVPを獲得し、ホームラン王まであと一歩まで迫る活躍をみせた大谷に、今シーズンも大いなる期待が寄せられている。

そんな大谷について、かつてメジャーリーグで活躍した川崎宗則氏(現・栃木ゴールデンブレーブス)と西岡剛氏(現・福岡北九州フェニックス選手兼監督)が、スポーツアンカー・田中大貴氏のYouTubeチャンネル「アスリートチャンネル」に出演し、大谷の進化について語った。

【動画】川﨑宗則氏と西岡剛氏が語る、大谷翔平が今年も打ちまくる理由が判明!!
・今すぐ読みたい→
「監督時代はあんなに優しそうだったのに・・・」金村義明氏が近鉄時代1番恐れていた人とは!? https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yoshiakikanemura-2022-npb-analysis-06/

大谷が2番バッターとして置かれていた理由


昨シーズンは、チームの主砲であるマイク・トラウトの故障離脱もあり、2番バッターとして打席に入る機会が多かった大谷。

自身も2番打者として入る機会が多かったという西岡氏は、かつての経験をふまえ、2番打者としての難しさをこのように話す。

「メジャーリーグ に関わらず、野球の流れとして2番バッターが1番難しいんですよね。言うなれば、1番バッターはあまり多くは考えずに、塁に出ることが仕事なので最も簡単だと思っています。それに対して2番バッターは、1番バッターが初球を打ってアウトになったら、1球見た方が良いかな、とか、1番が塁に出たら送りバントもあるし、引っ張った方がいいかなとか、いろんなことを計算しないといけないんですよね」





そんな難しく重要なポジションでの打順を任されていた大谷。川崎氏は大谷を2番に置いていた理由を、このように推測している。

「大谷選手を2番に置くことで、ポイントゲッターになって欲しいという考えがあったと思います。日本だと2番バッターは送りバントといったイメージが強いかもしれませんが、最近のメジャーでは2番に長距離砲を入れるケースが多い。大谷選手は長打もありますし、1番打者が多く出塁することで、やっぱり3、4番に置くよりもランナーが塁にいる状態で彼を迎えたい。そうすることで、得点力が1番上がると考えていたと思います」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【関西ダービー観戦イベント@6/10オリックスvs阪神】YouTuber『Bモレル』と日本一の投手コーチ『佐藤義則』が全力でファンと交流!野球観戦バー「サークルチェンジ」と「CoCoKARAnextオンライン野球居酒屋」が共同でリアル&オンライン野球イベントを開催!

野球観戦バー「サークルチェンジ」で人気YouTuber「Bモレル」さんとダルビッシュ、マー君を育てた日本一の投手コーチ「佐藤義則」さんがファンの方とお酒を飲みながらオリックスvs阪神戦をその場で解説しながら楽しく観戦! 飲み放題付きチケットだからとってもお得!2人と一緒にお酒を飲みながら大いに盛りがろう! お店に来れない人のためにこちらの模様をZOOMでも生配信!お店で一緒に観てる感覚がお家でも味わえる! またオンラインで参加の方限定で直接会話ができて二人のサインももらえるチケットも販売中!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧