日ハム・清宮、中日・根尾、巨人・秋広・・・各ロマン砲たちの「中間通信簿」とは

タグ: , , , 2022/2/23

 今日23日からオープン戦がスタートする。各球団、キャンプの最終段階を迎え、今後は実戦を経ていざ1か月後に控える開幕へ進むことになる。

・今すぐ読みたい→
日本ハム・清宮 一軍昇格も求められる「あの悪癖」改善とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kotarokiyomiya-bad-habit-improvement/



 そこで気になるのは、春キャンプで成長が期待された各球団の「ロマン砲」たち。見るものにロマンを感じさせる、高い能力を秘めていると期待の選手たちの「現在地」をリポートする。

 まずトップバッターは球界きってのロマン砲といわれる・日本ハム・清宮幸太郎内野手(22)。今オフは新庄監督の指令も受け9キロ減でキャンプイン。「ニュー清宮」の爆発が期待されている。

 16日の中日との練習試合では敵将・立浪監督の指導を受けるなども注目を集めたが、肝心の打撃はといえば・・・。

 「中日との練習試合で安打こそ出ましたが、状態は決して良くない。現在は前に突っ込む癖や、ヘッドを返さないように意識付けしている段階のようですが、なかなか安定しない。今後は実戦での結果が求められていく。その中で自分の形が見つけられるか」(放送関係者)





 清宮に関しては守備難も課題にあがる。減量したニューボディばかりが注目を集めているが、ここからはシビアに結果も求められそうだ。

 そしてこちらも注目を集めているのはプロ4年目の中日・根尾昂内野手(21)だ。今キャンプでは中村コーチによる「はだしトレ」が注目を集めたほか、最近も実戦に出ず、森野コーチと居残りで課題の打撃に1日中向き合うなど、チームあげて、根尾の育成に力を傾けている。

 立浪監督は根尾の打撃に関して「早く自分の形を見つけてほしい」という。現在はフォームの見直し、タイミングの取り方など一から取り組んでいるが、光はまだ見えてこない。チームではプロ3年目の石川昂、この根尾ら若手たちが次世代の主軸として期待されている。近年は投高打低が定着しているチームの起爆剤となれるか。今後も試行錯誤の日々は続きそうだ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧