「立ち位置をもう少し・・・」巨人・岡本が「村上超え」を果たす条件とは?かつての本塁打王が指摘した「ポイント」

タグ: , , , , , , 2023/1/6

(C)Getty Images

 昨年、巨人はペナントレースで4位に終わり、5年振りのBクラスという屈辱を味わった。勝率は5割に届かず、チーム打率、防御率ともリーグ最下位、近年にないほどの投打両面で低迷したシーズンとなった。

 V奪還を目指し、主力選手の奮起が求められる今季、もっとも期待が寄せられるのが打線の軸である岡本和真だ。昨年は打率・252、本塁打30、打点82といずれも、レギュラー定着以降でもっとも低い数字となった。打順も開幕から夏場までは4番に座っていたものの、シーズン途中から打撃不振が続いたことで、終盤は中田翔にその座を明け渡している。

【関連記事】「しっかり話し合ったほうがいい」新庄ハムの新たな火種「抑え問題」が注目を集める「理由」





 5年連続で30本を記録した本塁打も、タイトルを奪われる形となったヤクルト村上宗隆には大きく水をあけられ、やはり不本意な結果だったと言えるだろう。

 チームの巻き返し、そして3シーズンぶりの優勝を目指す上で主砲の復調は大前提、タイトル争いでも存在感を示すことを多くのファンは望んでいる。さらに2023年、岡本の打棒復活への期待は、球界OBも同じ想いを抱いているようだ。

 現役時、ヤクルト、巨人、DeNAでプレーし、2003、2010年に本塁打王を獲得したラミレス氏が、昨年末に配信された自身のYouTubeチャンネル『ラミちゃんねる』の中で、岡本のバッティングの改善点を語っている。

 ラミレス氏は、岡本が苦手とするコースと球種を、外角のスライダーなどの変化球と内角低めと分析しており、その上で「立ち位置をもう少し投手寄りにするべきだと思う」と主張した。その理由として、バッターボックスの前に立つことで、変化球が曲がる前に対応できるとメリットを説明している。

 また「昨年も序盤までそれを試みていたものの、なぜか途中から止めてしまいパニックになっているように見えた」として、昨年の状態を振り返りながら「岡本のバッティング技術は問題ない。立ち位置を変えるだけでいい」とコメントを並べた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧